【実話】友達は今?~薄れゆく力~

スポンサーリンク

 

夏休みに入り、テニス部だった私は部活のために学校に向かっていました。

 

途中、同じテニス部の小林〔仮名〕と合流し、40分かけて学校に到着したのです。

 

校門前から向こうに伸びる上り坂。

私はその坂を上ることは無かったのですが・・・

 

私「あれ?あれ樋口〔仮名〕じゃない?」

坂道を登っていく友達を見つけ、門をくぐる前に大きな声で呼びました。

 

「お〜〜〜い 樋口〜〜〜。」

「お〜〜〜い。」

 

「あれ?気付けへんなぁ・・・」

 

門の前から坂道になっているこの道は、50mぐらい続く坂道で

なんとなく坂を上っていく樋口の事が気になりました。

 

小林「ほっとっきや〜、もう行こ〜。」

 

私「うん・・・」

 

樋口は少し変わった子で、クラスでも少し浮いた感じの子でした。

でも、なんとなく私とは普通に話してくれるので

たまに話すぐらいの友達だったんだけど・・・・

 

この時間に学校の前を歩いていく樋口に違和感を覚え

 

私「先に言っといて~、私ちょっと樋口のトコ行ってくるわ。」

 

小林「え〜〜〜!!行くの?部活始まるよ。行こ〜〜〜。」

 

私「うん・・ごめん!」

 

ラケットとカバンを渡し、「持って行っといて〜〜。」と

 

私は坂道を走って行きました。

 

ダッシュしながら、樋口を呼びましたが、彼女は全然気付いてくれなかった。

 

 

やっと樋口に追いついた時には坂のてっぺんまで来ていました。

 

樋「あれ?どうしたん?」

 

丁度、てっぺんにある大きな木の下で

 

私「もう〜、ずっと呼んでたのに・・・なんで気付いてくれへんの?それに、こんな時間にこんなとこで何してんの?」

 

樋「あ〜〜・・・このおっちゃんがちょっと来てッて言うからついて来てん。」

 

私「え??」

 

 

ゾクッ・・・・・・・・・・・・・

 

 

私には誰も見えなかったのです。

一人で歩いていく樋口が気になり追いかけて来ただけだったから、

一瞬、戸惑った。

 

 

スポンサーリンク

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

 

 

私「ん?どういう事?」

 

樋「このおっちゃんが、ついて来てって言うからな、ちょっと行ってくるわ。」

 

 

なるほど。

 

 

そういう事か・・・・・

 

 

 

この時、樋口が何で皆に避けられていたのかを理解した。

 

 

 

私はこの時、樋口の手を取り、

 

私「樋口、私これからクラブやねん。樋口は家に帰った方がいいと思う。」

思わず出た言葉。

 

樋「なんで??だってこのおっちゃんが」

振り向きながら

樋「あれ?おっちゃんは?」

 

どう伝えようか悩んだけど、

 

私「私には最初から樋口しか見えてないし、今日は家に帰った方がいいと思う。」

 

そのまま思った事を言った。

 

樋口は何かを感じたのか

 

樋「トモちゃん!ありがとう。家に帰るわ。また学校始まったら学校でな。」

私「うん。またね。」

 

この後私は学校に戻り、クラブに行きました。

 

グラウンドから見える、坂の上にある大きな木。

クラブの合間に見上げてしまっていたあの大きな木。

 

もしかしたら何かあったのかもしれない。

 

その後、樋口は相変わらずな感じだったけど、

 

1学年、9クラスもあった結果

中学3年のクラス替えで彼女とかかわることもなくなったんだけど、

 

3年の夏休みが終わり、彼女は登校してこなくなったとうわさで聞いた。

 

 

それから、誰に聞いても樋口の事は分からず、

今もそのままになっています。

 

引っ越したのか、病気になったのか、私には一切情報は入ってこなかった。

 

 

中学生のホンの一幕。

 

あの頃は、自分の事で精一杯

 

今思えば、もう少し気にしていればよかったなと思う。

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 不思議・恐怖体験(中学生の頃) | comments(0) | -
[実話] あのおばあさんは?!~薄れゆく力~

スポンサーリンク

 

中学2年生の頃、私は芸能界に興味を持ち始め、親に内緒でオーディションを受けた。

 

なんでもいいから、親元を離れたかったのかもしれない・・・

 

劇団に入ることは出来たが、特待生でもなく普通に受かったので、

授業料もかかり、通うための交通費・・・

 

受かったことを親に伝え、通いたいとお願いしました。

 

それから、一年半通って辞めることにしたのですが・・・・・・

 

 

レッスンを受け始めて、一年が過ぎたころ、

 

舞台に立つことが決まりました。

 

 

学校が終わって、家に帰り

電車で練習スタジオに通う半年・・・

 

すごく大変で、でも楽しくて続けることが出来たんだけど。。。

 

変に感がさえ始めたんです。

 

家に居ると

「お母さん電話なってるよ〜」

 

電話の傍にいる母に、なんで取らへんの?って思いながら声をかけると

「何言ってんの?鳴ってないよ〜」

 

「ん????耳悪いんちゃう(笑)」

母に行った私は、固まった!!!!

 

その時、ホントに電話が鳴りだし、自分の勘違いに気付いたんです。

 

その時は意味が分からず、空耳だったのかな?と思っていたのですが

 

そんな電話の前予知を繰り返していくうちに

 

今度は、玄関のドアが開く感覚・・・・

 

 

お客様や誰かが家に来る前に玄関のドアが開き

誰かが来ている感覚になる事も増えていきました。

 

 

変な感覚が続く中、応援してくれていた担任の先生に相談したんです。

 

「今、神経使って集中する事をしてるから、色んな事に過敏になってるんちゃうか?舞台が終われば治まるよ。」

 

 

先生のその言葉を信じ、気にしないように努めました。

 

 

学校から帰ると、自転車でスタジオに行くのに、都合のいい駅まで20分。

駅からスタジオの最寄り駅まで30分。

スタジオまで徒歩10分。

 

往復1時間・・・・

 

家から最寄り駅まで行く為、近道をするために

人通りの少ない川沿いをひたすら走る!

 

帰りも夜遅くなるので、帰りはすごいスピードで漕いでいたのを今でも覚えています。

 

 

ある時、スタジオがなんとなく暗い雰囲気。

「あれ?なんか変な感じが今日はするな・・・・」

 

気にせず稽古!稽古!

 

今日も早く帰ろ!練習終わったら速攻で帰ってやる!

 

心の中で思いながら、稽古していたのですが、

その日はいつもより遅くなり、

 

「このままやったら家に着くの23時頃やな〜」

 

そんな事を思いながら、ダッシュで駅に向かいました。

 

最寄り駅に到着し、メッチャダッシュで自転車漕ぎ漕ぎ!!!

 

 

川沿いを走って行くと、少し墓地の横を横切るんですが、

そこに少し腰の曲がったおばあさんが歩いているのが見えました。

 

「え〜〜こんな時間におばあさん!??」

 

「え〜〜お墓参り?!??」

 

「え〜錯覚?」

 

心の中で自問自答しました。

 

 

通り過ぎ、気になったので振り返ったんですが

「おる!錯覚じゃないみたいやな安心安心」

 

心の中でホッとしながら

 

 

スピードは落とさずにそのまま帰りました。

 

 

 

次の日も、スタジオは変な感じで

帰り道・・

 

同じ様におばあさんが居るのかな〜と思いながら

ダッシュで自転車を漕ぎその道に差し掛かりました。

 

 

「い・な・い!!!!!!ヨシ!」

 

 

私は安堵しました。

 

 

 

それから数日、スタジオの変な感じは一層強く感じる様になり、

 

帰り道のおばあさんの事は忘れていました。

 

 

体調があんまりいい状態では無い事にも気付き出した頃・・・

 

 

「あれ???あのおばさん??またこんな時間にお墓参り??」

 

 

次の日も

「あれ??またおる???気にし過ぎかな」

 

 

次の日も

「え??今日も??」

 

 

さすがに私も変に感じ始めました。

 

 

そんな毎日が1週間ほど続いたある日、

 

 

今日はほんとに体がダルイ・・・・

稽古も明日は休みだし頑張ろ!!

 

気持ちを奮い立たせて稽古も終わり

帰ろ〜〜

 

 

しんどさもあり、おばあさんの事も忘れていたんですが、

 

「あっ・・・あばあさん・・・今日もいた・・・・・」

 

なんとなく気にはなったのですが・・・

「しんど〜はよ帰ろ〜」

 

お墓の横を通り過ぎ終わるころ、

 

「あれ?自転車進まん??・・・・・・」

 

・・・

 

 

・・・

 

 

「ヤバい!!!!!」

 

・・・

 

「後ろ見たらあかん!!」

 

 

!!!!

 

 

そう思った私は、やめて!!!離して!!

 

足に力はいれ〜〜〜〜〜!!!!!

 

 

スポンサーリンク

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

 

 

立ち漕ぎをしながら体重を片足に乗せ

思いっきりペダルを漕ぎました。

 

 

クックっと少し進んだのを機に

もう一度ペダルに力を込めて漕いでみたら

進みだしました。

 

 

振り返らずに思いっきり漕いで帰りました。

 

 

それから私はその道だけをずらし、他の道を通り

川沿いを走っていける道に変えました。

 

 

でもこの事をきっかけに

舞台の練習や、本番で

私は色んな体験をしていく事になりました。

 

 

 

これ以降のお話はまた今度・・・・

 

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 不思議・恐怖体験(中学生の頃) | comments(0) | -
【実話】あの黒い影は一体?!~薄れゆく力~

スポンサーリンク

帰り道に怖い体験をしてから、あれはいったい何だったのか?

気にするような気にしないような・・・

 

舞台の練習は続いていて、行きも帰りもお墓の近くは通らない様にしていた。

それでも稽古場では、どよ〜〜〜んとした空気が流れていて、

常に重たい印象だった。

 

もうすぐ初日!練習は常に頑張ったけど、少しづつ体調は優れなくなっていった。

練習の疲れなのか、なんなのか・・・・

感じる程度だったから、気にもしていなかったのが正直なところでした。

 

本番に向けて舞台の練習に代わって、舞台裏だったり楽屋周りを、

子供だったので珍しさもあり、ウロウロ練習の合間に見て回った。

所々、重苦しい雰囲気の場所もあったけど、本番間近!

ワクワクの方がその時は勝っていたのかもしれない。

 

その時も気にするほどではないと思っていた。

 

練習最終日。

舞台の立ち位置の最終確認などをしている時に、

客席に、黒い影が見えていた。

たぶん、他の人には見えていないのだろうと言葉にはしなかったが

なんとなく、悲しいような怖いような不思議な感覚にとらわれ始めた。

 

 

スポンサーリンク

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

 

 

私の確認は終わったので、私服に着替えて、他の人の練習を見ようと

後ろ通路を歩いていると、前からスタッフの方が来たので、

近くに来た時に

「お疲れ様です。」と頭を下げたら、

「え?ともちゃんかぁ!誰かと思ったよ〜。綺麗な女性が前から来たから

 誰やろ?あんな女性スタッフにいたかな?って思いながらジッと

 見てしまったよ」っと言われ、内心焦りながら

「何ですか〜それ〜いい女に見えました?ありがとうございま〜す(笑)」と

 笑いながら通り過ぎた。

「お〜。マジで声かけようと思ったわ」と笑いながらスタッフも歩いて行った。

 

なんとなく話し込むとダメな気がしてやり過ごしたことを

今でも覚えている。

 

そして本番当日

私は本番中に倒れてしまった。

舞台が暗転した時だったので、客席の人たちにはバレなかったが、

その後、落ち着くまで出番がなかったことに安心した。

 

周りでは、緊張からか体がめっちゃ冷えてる。毛布持ってきてっと

いう声が聞こえたが、一瞬真っ暗になって、気付いた時には平気になって

舞台に立つこともでき、その日は事なきをえたが

次の日も、次の日も、その暗転の時に私は気を失った。

 

客席にいたあの黒い影。

今でも覚えている。

舞台に立っている時は、主役の女性の傍にいつも居たことも。

 

あの影が一体何だったのか

なぜ、毎回暗転のたびに倒れるのか・・・

今でも理由は分かりません。

 

それから私は劇団を辞めました。

辞めた理由は、家の事情ですが、あのまま夢を追いかけることが出来たら

もっといろんな事を体験していたかもしれません。

 

今となってはいい思い出です。

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 不思議・恐怖体験(中学生の頃) | comments(0) | -
| 1/1PAGES |

▲ page.Top