「実話」 やっぱり!~薄れゆく力~

スポンサーリンク

JUGEMテーマ:恐い話・不思議・都市伝説・怪談

 

大人になって年を重ねるごとに、薄れゆく感覚。

 

 

 

小さな頃から、人より少し勘が鋭いんだと思っていた。

 

もしかしたら、霊感的な物があるかもしれない・・・そう思っていた。

 

 

はっきりと見たことも少なく、勘違いで済ますぐらいのものだったのに。。。

 

ある事がきっかけで、私のこの感覚が特別な物だと知らされる事となった。

まずはそのお話から進めていこうと思う。

 

 

 

あの日、私はいつものように、仕事に行く準備をしていた。

 

 

 

数日前から体調が悪く、胸のあたりに発疹が出てきていて、

 

お店に来ていく服をどうしようか悩んでいました。

 

 

「今日はいつもの感じと違うなぁ〜・・めっちゃしんどい・・・」

 

 

昔からたまに、風邪のような症状で、熱っぽかったり、体が重くてしんどかったり、

 

病院に行っても風邪と診断されるし、薬もらっても治らないしで、慣れていたので

いつもの事だと思いながら、胸元の隠れる服を選んで出勤しました。

 

 

 

「おはようございま〜す(笑)」体調が悪いのを悟られないように、元気に入っていくと、

 

「トモちゃんおはよ〜。今日は、Hさんがトモちゃんと話したいって、ご指名よ〜。」

と、嬉しそうにママが言ってきた。

 

 

いつも指名をかけずに、色んな女の子と話をするHさんだった。

 

「今日は2人で話したいから、他の女の子つけんといてって言われてるから、

 口説いても駄目よ〜って注意しといた(笑)」ってママww・・・・

 

 

でも、私は直感的に、そんなことじゃない事は分かっていた。

 

なんとなく不安を感じながら、Hさんの席に笑顔で行きました。

 

 

「いらっしゃいませ(笑) どうされたんですか?何かあったんですか?」

 

 

 

ジッ〜〜〜〜と見つめるHさん、目が合っていないことに気付いた。

 

何か私に起こっているんだと思いました。

 

 

 

Hさんが、話し始めました。

 

「トモちゃん・・今回、体調悪いのいつもの感じと違うやろ。」と・・・・

「えっ???うん・・・」私は不思議に思いながらも返事をしました。

 

 

「信じても信じなくても、話そうと決めたのには訳があんねん。

 

 トモちゃん、今回は体力めっちゃ消耗するで・・・」

 

 

「えっ???? Hさん話がよくつかめへん・・わかるように話してくださいよ〜。」

 

 

私のこの言葉をきっかけに、Hさんは悩んでいたのを吹っ切るように、

 

Hさん自身の事、最近の私を見て思った亊を、息をするのも忘れるぐらいの勢いで

話し出したのです。

 

 

 

「俺な、霊感があるんや。一度、事故起こして死にかけたときに、幽体離脱して

 

 死にかけてる自分をみた事があって、フッって記憶が飛んで、気づいた時には

 病院のベットで寝てたんや。」

 

 

頷くだけの私を見て

 

 

「ほんでな〜、色んなものが見えたり、聞こえたりするようになってしもたんや。」と・・

 

 

それから、Hさんはこう続けました。

 

「信用してもらえることも少なくてな、あんまり人に話さへん様になってんけど、

 トモちゃん、同じような体験してるやろ!」と・・・

 

 

私は慌てて返事をしたんだけど、

 

「Hさん、私、死ぬような体験してないし・・感が鋭いだけで、錯覚やろって

 思うぐらいのもんやし・・・・」と言ったものの、言葉を詰まらせてしまいました。

 

優しく微笑みながら、Hさんは私を見て、

 

「トモちゃんは、小さい時から不思議な体験してきてて、それを話した時の

 人の対応や態度を見てきて、無意識のうちに、話さなくなって気のせいに

 してきてたんやな。それはそのままでいいと思う。ただ、トモちゃんの力が、

 強いから頼ってこられてる。トモちゃんが無意識にはじいてしまってる事もあるけど、

 今までも今回のように、体調崩したことあったやろ。ただ単に見えるだけの人と違って

 トモちゃんは注意した方がいいよ。今回は俺が俺の方に引っ張るわ。手貸して。」

 

 

戸惑う私を気にもせず、

 

Hさんは、私の両手を引っ張って、左手を下に、右手を左手の上に置き、

Hさんの、右手の平を私の左手の平に合わせ、右手の上に左手を乗せ、

私の両手を包む様にしました。

 

スポンサーリンク

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

 

何がどうなるのか・・・わからずに・・・黙ってその行動を見ていました。

 

 

信じられないことに、左手が熱くなってきたと思ったら、頭がボ〜〜ッとしてきた。

 

この感覚はどう説明したらいいんだろうか・・・

高熱が出たときみたいな感じに近いかな。気を失うとかそういう事は私はなかったが、

Hさんによると倒れこんでしまう人もいるみたいだった。

 

 

それから、説明してくれました。

 

私は浄化する力があって、憑いてきてしまうことがあるのだと・・・

体調が悪くなるのは、無意識に浄化に体力を消耗していて、影響が出ていたこと。

助けて欲しい物が憑いてきていて、悪さをしようとかではないと・・・

 

 

今回ついてきた人は女性で、私自身が元気な時だったら、いつもと変わらないぐらいの

 

疲れ方で済んでたと思うけど、トモちゃん、精神的に疲れてるやろ、

何かあったんやな。だから、疲れ方がいつもと違うんやと思うと教えてくれました。

 

 

私自身は守護霊が強くて、悪い物は寄ってこないらしい。

 

(おじいさんと犬だそうです。)このことに関するお話はまた後日・・・

 

 

自分で力をコントロール出来るようになれれば、もう少し楽に対応できるようになるらしいが、

 

私はそんな気持ちにはなれなかった。

 

 

「おかしいと思ったら、私では力不足です。何も出来ません。離れてくださいって

 

 強く思うようにしたら、ある程度は回避できるから、覚えておいて。」と、

Hさんは教えてくれた。

 

 

 

それから私は、Hさんに、自分の事を話しました。

 

 

小さな頃から、不思議な事がたくさんあったこと。

人を見たときに、色として認識する感覚が、毎回ではなく、たまにある事。

見えるわけではなく、感覚として感じるんだという事を。

 

 

こんな事を話して、信じてくれる人もいるけど、そうではない人もいること事。

 

だから、この感覚の話を、人にはあまりしなくなった事を。

 

 

 

そして、最後の注意として、「何でもかんでも、霊のせいにしたらあかんよ。」と

 

Hさんは、帰っていきました。

 

 

 

次の日、

 

熱も下がり、胸にあった発疹も薄く消えかかっていました。

 

 

今まで起こっていた不思議な事、感じていた事、すべての事に説明がついたこと。

 

私はこの時、すごく安心してました。

 

 

 

 

この事を、書こうと思ったのは、年々、あんまり感じることもなくなっていたのに、

 

ここ最近、変なにおいがすることがあるんです。

主人に聞いても、「俺は感じひん。。どんな匂いなん?」

 

 

「下水のような・・・何か物が腐ったような・・・感じかなぁ〜」

 

 

「また、感覚が鋭くなってきてるんちゃうか?気をつけろよ」と・・・

 

主人には話してあるんです。私の事を、馬鹿にせず、信じてくれた一人です。

 

 

 

ブログをやってみようと思い出して、ブログを書き始めた矢先、始まったこの匂い・・・

 

 

 

何かあるのかもしれません。

 

幼い頃からあったことを、残していってみようと思ったのです。

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 不思議・恐怖体験(社会人) | comments(0) | -
【実話】どこに隠れていたの?~薄れゆく力~

スポンサーリンク

仕事をするようになり、なんとなく人を見た時に、

この人あんまり近づきたくないなって感じる事があります。

それは、あくまでも感覚なんですが・・・

人見知りなので、その為かもしれないと思った事もあり、

さほど気にする事もなく、そう感じた時は深入りしない様にしていました。

 

お金が欲しくて、夜も仕事をするようになり、

そんな中、一番最初に書いた体験談の話になるんだけど、

それから、気にするようになったせいか、

やっぱり自分の感がなんとなく人と違う事に気付いたんです。

 

あれは、

母が何気なく私の誕生石のブレスレットをお守りの代わりにって

くれたので、それからずっと着けていました。

 

 

 

今の主人と付き合い始めて、何が原因で喧嘩したのか・・・

別れ話にまで発展して、半同棲していたので家を出ていくとかなんとか・・・

 

喧嘩の途中で、ブレスレットが無い事に気付いたんです。

左手首に着けていたのに、

「ない!!」

喧嘩の途中にも関わらず、

「探して!!」と彼氏に頼んだんです。

 

当時住んでいたのは、ワンルームマンション。

玄関・廊下・部屋どこにでもあるワンルーム。

お風呂場・トイレ・・・・・

「ない・・・・・」

 

「どこで外したん??」と彼氏・・

「外した記憶ない・・・」と私・・

「切れてどっかで落としたんちゃうか?」

「えっ・・・・」

 

私が大切にしていた事を彼氏は知っていたので、

「今日、出かけた店とか回ってみよう」って

外に一緒に探しに行ってくれました。

 

もちろん、誰かに拾われた可能性もある。

見つけるのが大変な事は分かっていた。

でもなぜか諦めることが出来ずに、外に探しに行きました。

 

一通り回って、やっぱりなくて、

諦めていつも行くダーツバーに行きました

いつものように、ダーツで皆と遊び、時間が過ぎていく中で、

また、思い出したかのように喧嘩してしまったんです。

 

「もういいわw!」

店を出ていき、部屋に戻って、泣いていました。

 

 

スポンサーリンク

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

 

 

どのくらい時間がたったのか、少し落ち着き始めた頃に、

またブレスレットを探していた私。

探す場所なんて知れてるんだけど、諦めきれなかったのかな。

玄関の踊り場から玄関・下駄箱・お風呂場・トイレ・・・

廊下にあるキッチン・コンロ回り・冷蔵庫(小さな備え付け)

部屋も隅々まで・・・・

やっぱり諦めるしかないみたいやなぁ・・・

 

部屋のテレビの前に座っていると

玄関のカギが開く音がし、帰ってきたんやって思い

横を向くと、扉から彼氏が入ってきました。

 

部屋に入ってきた彼氏に、

「明日、出ていく事にするね。」と私・・・

「そっか」・・・黙る彼氏・・

 

かわす言葉もなく、トイレに立った私は、立ち止まってしまいました。

 

「ブレスレット・・・」

「ん?」

「廊下みて・・・」

 

「え?なんで」・・・彼氏

 

立ちすくしている私をみて、彼氏がブレスレットを取りに行ってくれました。

 

廊下の真ん中に、ブレスレットがあったんです。

さんざん探した後。

廊下も2人とも行ったり来たりしている。

 

最後に、帰ってきた彼氏を私は見ているし、

どう考えても、その場所にある事自体ありえなかった。

 

廊下のど真ん中。

歩いていれば、蹴ってしまう位置に、ポンっと置いたように存在していた。

 

ブレスレットを取ってきた彼氏が、

「なんかあるんやろうな。出ていくの考えなおしたら?」と

私にブレスレットを渡してくれました。

 

私の不思議な体験を、絶対否定しない彼氏。

今回は彼氏も経験してしまいました。

 

あれは一体、、何を伝えたかったのか・・・

 

どこに存在していたのか・・・

 

今では着ける事もなくなってしまったブレスレット。

他のブレスレットと一緒に並んで部屋に置いてあります。

 

たぶん・・・これから先も着ける事はないと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 不思議・恐怖体験(社会人) | comments(0) | -
【実話】誰が憑いてきたの?〜薄れゆく力〜

スポンサーリンク

 

24時間オープンの店で働いていた私。

シフトによって、家に帰る時間はバラバラで、不規則な生活をしていた。

結婚しても、週に出る日数を減らしてもらい、働いていた。

 

家の近所には、毎日の様に行くお店があって、遅いシフトの時は

主人はいつもそこで待っていてくれた。

 

その日は、いつものように待ち合わせをして、お店で呑んでいつものメンバーで

話している主人を横に、私は携帯ゲームをしながら待っていた。

 

なんか疲れてんのかな・・しんどくなってきた・・・

 

ヤバいな〜と思った私は、主人に先に帰ってもいいか聞いて、

皆にまたね~と挨拶をし先に帰る事にした。

今思えば、この時から変な感じを感じていたのかもしれない・・・

 

「恐怖画像無料」の画像検索結果

 

自転車でマンションに着いた時、私の前にオートロックを解除している人がいて

なんとなくやり過ごした後、私もエントランスに入った。

オートロックを解除しようと、鍵を差し込もうとしたとき、自動ドアが開いた!

 

「お!誰か出てきはった。」そう思って自動ドアの方へ行ってみると

「あれ?誰もおらへん?」

その時は、

キョロキョロ周りを見渡して、さほど気にせずエレベーターに向かった。

 

次の日、11時から仕事だった私は、いつものように出勤するために

エレベーターから降りると、自動ドアが開くのが見え、人がいると思ったんだけど

「あれ〜?誰もいてへんやん・・・自動ドア壊れたんかな?」

その時もさほど気にもせず仕事に行って、夕方まで働いて帰ってきた。

 

自転車を止め、エントランスに入ると自動ドアがまた開いた。

「ん?」さすがに何か違和感を感じた私は、自動ドアに近づかず

しばらく様子を見たいた。

何回か開閉した後、止まるのを確認して、自動ドアの前に立ってみた。

 

動かない・・・・・

 

やっぱりこわれてるんかな?・・・・

オートロックを解除し、部屋に戻ったけど、何か引っかかっていた。

 

次の日、また同じことが起き、さすがに変だと感じた私は、

2・3日様子を見て、ヤバいと感じたので、

私には何も出来ませんよ。って心の中でつぶやいていた。

 

次の日、その現象は収まってくれたので気にもしなくなった。

 

この時は、夕方帰ってこれるシフトだったので、

いつもの店に行く事もなく、主人の帰りを家で待つ事が多かったんだけど、

 

夕方からのシフトになって、主人と待ち合わせをし帰った時の事・・・

 

エントランスに入った途端、自動ドアが開いた。

 

主人が「え?!壊れてんの?」っと・・・・

 

私はこの現象が何日か続いたことを話し、止まっていたことを伝えた。

主人は、気にせんでいいやろ〜と言ってエレベーターに乗った。

 

言葉通り、次の日は仕事に行くときにも、自動ドアが勝手に開くこともなく

安心していたんだけど、夜、主人と帰ってきた時に、また開いたドアを見て

主人に

「最近、この人と話す時は注意してねって言った人か、話しててなんとなく

 しんどい空気の人おらんかった?」って聞いてみた。

 

「いつぐらい?」と主人・・・

 

「私が昼間のシフトの時ぐらいかな・・・」と私。

 

「あっ!!!あの子かな?トモが、あの子の空気変やから

 あんまり近づかん方がいいかもって言ってた子。」

 

「あ〜〜〜・・・・」

 

「気にし過ぎかもしれへんけど、ちょっと気持ちをしっかり持って

 行動するようにした方がいいかも。気をつけてね。」と主人に伝えた。

 

それからは、何回か自動ドアが反応する事はあったものの、

しばらくした頃、

 

昼に主人から携帯に電話がかかってきた。

仕事の時は、お互いよほどの事がないと電話しないので、

何かあったのかもと思い急いで電話に出た。

 

「ごめん。病院ついてきて・・・今駅におるから」

会社から早退してきた主人。

急いで駅に向かい、病院に連れて行った。

 

肩の骨折・・肩の筋肉断裂・・・

 

手術の日程は1週間後。・・・・

手術が立て込んでて、その日しか空いていなかった。

 

痛み止めと肩を固定する物をしてもらい、主人は一週間痛みと戦った。

 

これだけでもひどい話。

 

関連画像

 

一週間後、手術をした主人。

肩にボルトを入れられ、一年後、またボルトを抜く手術をすることになった。

その後は、リハビリに苦戦していた主人。見ているだけでも辛かった。

 

入院中、「どうして転んだだけでそんな大変な事になったの?」

ずっと気になっていたがそんな場合じゃなかったので

転んだっていう事だけで終わらせていたのだ。

 

「ん〜〜〜〜なんか変な感じやってん」

「どう変やったん?」

「最初、右足が滑った感じがして、あっ!って思ったら背中のリュックが

 引っ張られた感じがして、3メートルぐらい肩から滑ってん」

 

「・・・・。やっぱり・・気をつけてねって言ったのに・・」

 

「でも、会社には行ってんで〜。痛かったけど…我慢できずに早退したけどな〜(笑)」

 

「笑い事じゃないけど、治る怪我ですんでよかったよ。あれから変な事もないし。」

 

そうなんです。

手術が終わって退院する頃には、なんとなく感じていた変な空気が

無くなっていたのです。

 

なんであんな事になったのか。

どうして主人について回っていたのか・・

今でも原因は分かりません。

 

主人は以前、霊感の強い人に、憑いて来やすいけど全く気が付かないから

相手が諦めてどっかに行ってしまうから、ほっといていいよって

言われていたらしく、今回はどうしてかこんな事になってしまいました。

 

実際、転んだ場所に連れて行ってもらったら、駅前のこんなとこで?

っていうような場所でした。

 

気付かない方がいいのか、気付いた方がいいのか・・・

 

ちゃんとした対処方法を知っている訳ではないので

何か感じても、どうする事も出来ないんですけどね(笑)

 

それではまた・・・

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 不思議・恐怖体験(社会人) | comments(0) | -
【実話】もう!!〜薄れゆく力〜

スポンサーリンク

 

子供の頃とは違い、そんなに頻繁に変わった事が起こる事は少なくなって、

気にもしない事が多くなってきている今日この頃。

 

それでも、思い出せる事がまだある。

 

あれは、4年ぐらい前・・・

 

主人が1年ぐらい長期出張で、1か月に1回ぐらいしか帰れなくって、

一人暮らしみたいな生活をして3か月ぐらい過ぎた頃・・・

 

その時は、オンラインゲームで毎日主人と遊んでいたし、

スカイプで毎日話していたので、寂しいとか怖いな〜とか思う事もなく

過ごしていたんだけど・・・・

 

ある日の夕方、仕事から戻ってくると寝室の電気がついていた。

消し忘れたと思ってその時は、気にもしなかった。

誰にでもある事だしね(笑)

 

それから、2・3日した頃、また帰ってくると電気がついていた。

 

ちなみに家の間取りはこんな感じ。

 

玄関を開けるとわかる感じなんだけど、寝室の電気がついているんです。

また忘れたのかと思い、その日から仕事に行くときは、

必ずチェックしてから出るようにしていました。

 

夕方からのシフトになって帰ってくるのが深夜1時半ごろ。

帰ってくると、廊下を歩いていると、リビングの窓から明かりが

漏れているのが分かり「あれ?」主人が帰ってきてるのかと思い、

玄関を開けると誰もいるはずもなく・・・・

 

いつものように気にし始める事になるんだけど・・

主人には心配かけると悪いので、言わないようにしていました。

 

そんなに頻繁に起こるわけでもなく、そのうち治まるかなって思っていたら、

今度は、家のリビングに居る時に電気がパってついたんです。

さすがにビクッってなってしまった私は、

「もう!!」って文句を言いながら寝室の電気を消しに行きました。

 

月に数回程度だったんで、そのままほっといたんですが、

主人が月末に帰って来た時に、電気が勝手についちゃったんです。

「あ〜〜〜。」ッ落胆・・・・

 

「何?これ?」と主人・・・

 

「何か月か前からたまに電気がつくんよ。他に何もないから・・

 嫌な感じもしないし、これぐらいならその内、治まるかと思って。」

 

何かを感じたのか、主人は配線の接触が悪いのか、

隣の家のリモコンが反応してるんやろ(笑)。と言った。

私でも苦しいこと言ってるな。と思ったけど、気にしないでいいよっ

言ってくれる主人をありがたく思った。

 

2日過ごした後、主人が出張先に戻る時に、続くようなら管理人に言って

見てもらえよと、新幹線に乗って行った。

 

ところが、それから1か月、電気がつく現象は起きなくなっていた。

 

 

スポンサーリンク

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

 

 

気にしなくなってから、どのくらいたった頃だったか・・・

主人と電話していると、

「ホテルの部屋変えてもらてん。」

「え?なんで?どしたん?」

 

「隣の部屋の奴がなんか変で、音がうるさかったから

 ホテルのフロントに言いに行って変更してもらってん。」

 

「え?同じ出張組の人?なんで急に?」

 

「わからんねんけど・・・」

 

私は、主人が部屋の何かを持って行ってくれたと思いました。

 

「あんな〜、電気が勝手に点いたりするの止まってん(笑)」

「やっぱりか〜〜〜〜」と主人。

 

部屋を交換してもらった主人は、それから何事もなくホテルで過ごしていました。

 

でも、それから間もなく、転勤の話が来て私たち夫婦は引っ越すことに

なったんだけど・・・

 

今のマンションに来て、2年半。

何事もなく過ごしています。

 

また何か思い出したら、書こうと思います。

子供の時の話になるのか・・

いつ頃に体験した話を思い出すか分からないですが、

日頃のちょっとした、体験談です。

 

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 不思議・恐怖体験(社会人) | comments(0) | -
| 1/1PAGES |

▲ page.Top