おススメ!海外ドラマ [ゴースト〜天国からのささやき〜]

スポンサーリンク

ネタばれはしません。

大好きな、おススメ海外ドラマです。

悩んだ時の、見てみようリストにどうぞ!

見たらファイナルシーズンまで見たくなると思います。

 

★主なストーリー 

 

幼いころから、祖母の影響を受け、この世に未練を残す霊たちを光の中(天国)

へと導く。彼らがこの世に残る理由を探り、手助けをしていく中で、

色んな人たちの愛の形を見ていく。子供ながらに祖母の影響を受け、

友達から変な目で見られたり、つらい思いもたくさんしていくメリンダ。

夫になるジムに出会うことで、彼女の人生も変わる。

様々な人に助けられながら、人助けをしていくメリンダ。

色んな人の人間模様、様々な愛のカタチ。ぜひ見てみて下さい。

 

 

出演者と

シーズン1のあらすじを少しご紹介もご覧ください。

 

 

★主な主人公

 

・メリンダ・ゴードン

主人公。小さな町グランドビューでアンティークショップを経営している。

幼い頃から、この世に未練を残す霊が見える。そんな彼らの話を聞き光の中

(天国)へ導く。

 

・ジム・クランシー

メリンダの夫。彼女の能力を理解し、協力をする救命救急士。

 

・サム・ルーカス(シーズン4~)

事故にあった時に、ジムの魂が乗り移ってしまう。

記憶をなくした彼と、メリンダとの生活がシーズン4から始まる。

 

・アンドレア・モレノ

メリンダの親友。アンティークショップの共同経営者。

彼女のよき理解者。

 

・デリア・バンクス(シーズン2~)

ネッドの母親。

息子を通しメリンダと知り合う。不動産業のかたわらアンティークショップを

手伝うことになる。

 

・リック・ペイン

大学の考古学の教授。

メリンダが自分が見た事のヒントをもらうために訪れるのだが、

メリンダの秘密を知り、メリンダの能力に興味を持ち、協力者となる。

 

・ネッド・バンクス

デリアの息子。

万引きをするために、メリンダのアンティークショップに訪れる。

ネッドにはアンティークショップに行く理由があった。

 

・イーライ・ジェームス(シーズン4〜)

大学心理学の教授。

家事で死にかけたイーライ。そのことがきっかけで霊の声が聞こえるようになる

見えないイーライは、声だけを頼りにメリンダの手伝いをする。

 

・エイデン(シーズン5〜)

メリンダの息子。

メリンダの力を引き継ぎ、メリンダ以上の力を持っている。

 

 

 

★シーズン1のあらすじを少しご紹介

 

第1話

つむがれゆく命

幼いころ、祖母に連れて行かれたお葬式で経験した回想シーンから始まる。

メリンダとジムの結婚式。2人の新婚生活がスタートします。

朝、アンティークショップに出勤したら、古い方位磁石が置いてあった。

メリンダは方位磁石によって、導かれます。

この方位磁石の持ち主の願いとは・・・

 

第2話

交錯する思い

近所の男の子(ディラン)が踏切で遊んでるのを見つけ、注意する。

ケニーが平気だから遊ぼうと言ったと言うのだが・・・

ケニーはお母さんを待っているとメリンダに伝えた。

ケニーがお母さんを待っている理由とは・・

メリンダはどう解決していくのか・・・・

 

第3話

双子

精神科病院のバスから女の子が逃げ出した。

女の子が逃げこんだのはメリンダのアンティークショップだった。

女の子の横には、そっくりな女の子がもう一人・・・

メリンダはこの少女たちの願いをどうかなえていくのか?

 

第4話

ふれあう心

アンドレアの家に遊びに行くメリンダとジム。

天井から水が落ちてきた。慌てて上の階に行く3人。

浴室で自殺を図った女性を見つけるのだが、メリンダにはもう一人男性が

いる事に気付いた。果たしてこの男性の望みとは!

彼女はどうして自殺しようとしたのか?

 

 

 

★最後に

 

 

涙もろい私は、このドラマでよく泣かされました。

家族愛・恋人・兄弟・姉妹・夫婦・友達など、たくさんの愛の形。

 

ほんとにおススメの海外ドラマです。

 

シーズン5でファイナルとなりますが、続けて欲しいと言う声も上がり、

続けるかどうするか期待され、結果シーズン5で終わることになったドラマです。

何を見てみようかな、の時にお勧めです。

 

自分がもし、こんな力があったら、メリンダみたいに行動できるか?

って考えたこともあります(笑)

 

 

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| おススメ!海外ドラマ | comments(0) | -
コメント
コメントする











▲ page.Top