「実話」 薄れゆく力〜 不思議・恐怖体験

JUGEMテーマ:恐い話・不思議・都市伝説・怪談

 

 

大人になって年を重ねるごとに、薄れゆく感覚。

 

 

 

小さな頃から、人より少し勘が鋭いんだと思っていた。

 

もしかしたら、霊感的な物があるかもしれない・・・そう思っていた。

 

 

はっきりと見たことも少なく、勘違いで済ますぐらいのものだったのに。。。

 

ある事がきっかけで、私のこの感覚が特別な物だと知らされる事となった。

まずはそのお話から進めていこうと思う。

 

 

 

 

 

あの日、私はいつものように、仕事に行く準備をしていた。

 

 

 

数日前から体調が悪く、胸のあたりに発疹が出てきていて、

 

お店に来ていく服をどうしようか悩んでいました。

 

 

「今日はいつもの感じと違うなぁ〜・・めっちゃしんどい・・・」

 

 

 

昔からたまに、風邪のような症状で、熱っぽかったり、体が重くてしんどかったり、

 

病院に行っても風邪と診断されるし、薬もらっても治らないしで、慣れていたので

いつもの事だと思いながら、胸元の隠れる服を選んで出勤しました。

 

 

 

「おはようございま〜す(笑)」体調が悪いのを悟られないように、元気に入っていくと、

 

「トモちゃんおはよ〜。今日は、Hさんがトモちゃんと話したいって、ご指名よ〜。」

と、嬉しそうにママが言ってきた。

 

 

いつも指名をかけずに、色んな女の子と話をするHさんだった。

 

「今日は2人で話したいから、他の女の子つけんといてって言われてるから、

 口説いても駄目よ〜って注意しといた(笑)」ってママww・・・・

 

 

 

 

でも、私は直感的に、そんなことじゃない事は分かっていた。

 

なんとなく不安を感じながら、Hさんの席に笑顔で行きました。

 

 

「いらっしゃいませ(笑) どうされたんですか?何かあったんですか?」

 

 

 

ジッ〜〜〜〜と見つめるHさん、目が合っていないことに気付いた。

 

何か私に起こっているんだと思いました。

 

 

 

 

Hさんが、話し始めました。

 

「トモちゃん・・今回、体調悪いのいつもの感じと違うやろ。」と・・・・

「えっ???うん・・・」私は不思議に思いながらも返事をしました。

 

 

「信じても信じなくても、話そうと決めたのには訳があんねん。

 

 トモちゃん、今回は体力めっちゃ消耗するで・・・」

 

 

「えっ???? Hさん話がよくつかめへん・・わかるように話してくださいよ〜。」

 

 

 

私のこの言葉をきっかけに、Hさんは悩んでいたのを吹っ切るように、

 

Hさん自身の事、最近の私を見て思った亊を、息をするのも忘れるぐらいの勢いで

話し出したのです。

 

 

 

 

 

「俺な、霊感があるんや。一度、事故起こして死にかけたときに、幽体離脱して

 

 死にかけてる自分をみた事があって、フッって記憶が飛んで、気づいた時には

 病院のベットで寝てたんや。」

 

 

頷くだけの私を見て

 

 

 

「ほんでな〜、色んなものが見えたり、聞こえたりするようになってしもたんや。」と・・

 

 

 

それから、Hさんはこう続けました。

 

「信用してもらえることも少なくてな、あんまり人に話さへん様になってんけど、

 トモちゃん、同じような体験してるやろ!」と・・・

 

 

私は慌てて返事をしたんだけど、

 

「Hさん、私、死ぬような体験してないし・・感が鋭いだけで、錯覚やろって

 思うぐらいのもんやし・・・・」と言ったものの、言葉を詰まらせてしまいました。

 

 

優しく微笑みながら、Hさんは私を見て、

 

「トモちゃんは、小さい時から不思議な体験してきてて、それを話した時の

 人の対応や態度を見てきて、無意識のうちに、話さなくなって気のせいに

 してきてたんやな。それはそのままでいいと思う。ただ、トモちゃんの力が、

 強いから頼ってこられてる。トモちゃんが無意識にはじいてしまってる事もあるけど、

 今までも今回のように、体調崩したことあったやろ。ただ単に見えるだけの人と違って

 トモちゃんは注意した方がいいよ。今回は俺が俺の方に引っ張るわ。手貸して。」

 

 

戸惑う私を気にもせず、

 

Hさんは、私の両手を引っ張って、左手を下に、右手を左手の上に置き、

Hさんの、右手の平を私の左手の平に合わせ、右手の上に左手を乗せ、

私の両手を包む様にしました。

 

 

 

 

 

何がどうなるのか・・・わからずに・・・黙ってその行動を見ていました。

 

 

 

信じられないことに、左手が熱くなってきたと思ったら、頭がボ〜〜ッとしてきた。

 

この感覚はどう説明したらいいんだろうか・・・

高熱が出たときみたいな感じに近いかな。気を失うとかそういう事は私はなかったが、

Hさんによると倒れこんでしまう人もいるみたいだった。

 

 

それから、説明してくれました。

 

私は浄化する力があって、憑いてきてしまうことがあるのだと・・・

体調が悪くなるのは、無意識に浄化に体力を消耗していて、影響が出ていたこと。

助けて欲しい物が憑いてきていて、悪さをしようとかではないと・・・

 

 

今回ついてきた人は女性で、私自身が元気な時だったら、いつもと変わらないぐらいの

 

疲れ方で済んでたと思うけど、トモちゃん、精神的に疲れてるやろ、

何かあったんやな。だから、疲れ方がいつもと違うんやと思うと教えてくれました。

 

 

私自身は守護霊が強くて、悪い物は寄ってこないらしい。

 

(おじいさんと犬だそうです。)このことに関するお話はまた後日・・・

 

 

自分で力をコントロール出来るようになれれば、もう少し楽に対応できるようになるらしいが、

 

私はそんな気持ちにはなれなかった。

 

 

「おかしいと思ったら、私では力不足です。何も出来ません。離れてくださいって

 

 強く思うようにしたら、ある程度は回避できるから、覚えておいて。」と、

Hさんは教えてくれた。

 

 

 

 

 

それから私は、Hさんに、自分の事を話しました。

 

 

小さな頃から、不思議な事がたくさんあったこと。

人を見たときに、色として認識する感覚が、毎回ではなく、たまにある事。

見えるわけではなく、感覚として感じるんだという事を。

 

 

こんな事を話して、信じてくれる人もいるけど、そうではない人もいること事。

 

だから、この感覚の話を、人にはあまりしなくなった事を。

 

 

 

 

 

 

そして、最後の注意として、「何でもかんでも、霊のせいにしたらあかんよ。」と

 

Hさんは、帰っていきました。

 

 

 

 

 

 

次の日、

 

熱も下がり、胸にあった発疹も薄く消えかかっていました。

 

 

今まで起こっていた不思議な事、感じていた事、すべての事に説明がついたこと。

 

私はこの時、すごく安心してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この事を、書こうと思ったのは、年々、あんまり感じることもなくなっていたのに、

 

ここ最近、変なにおいがすることがあるんです。

主人に聞いても、「俺は感じひん。。どんな匂いなん?」

 

 

「下水のような・・・何か物が腐ったような・・・感じかなぁ〜」

 

 

 

「また、感覚が鋭くなってきてるんちゃうか?気をつけろよ」と・・・

 

主人には話してあるんです。私の事を、馬鹿にせず、信じてくれた一人です。

 

 

 

 

 

 

ブログをやってみようと思い出して、ブログを書き始めた矢先、始まったこの匂い・・・

 

 

 

 

 

 

何かあるのかもしれません。

 

幼い頃からあったことを、残していってみようと思ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 不思議・恐怖体験 | comments(0) | -
コメント
コメントする