節約!エアコンの電気代安くするには

スポンサーリンク

 

これからエアコンをつける機会も増えてきます。

 

扇風機では乗り切れない日も増えてくるでしょう。

 

最近は、省エネタイプのエアコンも出てきていますので、

古いタイプの物と、最近の物では電気代も変わってきます。

 

一番いいのは扇風機だけで、部屋を冷やせるタイプの物も出てきてますので、

そちらを利用されるのも一つの節約術だとも言えますね。

 

比較例としては

1990年代のエアコンと2017年のエアコンでは

年間 20000円〜30000円 変わってくるんです。

 

年間のこの差は、大きいですよね。

 

1990年代のエアコンをご使用の方は、買い替えることも視野に入れて

考えられた方がいいかもしれません。

 

 

昼からエアコンをつける場合は

 

朝10時から夕方6時まで、どちらが安いのでしょうか?

 

・こまめに消す

・つけっぱなし

 

これからの時期、ホントに気になりますよね。

朝10時から夕方6時までは

つけっぱなしの方がお安くなります。

年間 907円だそうです。

 

気をつけなければいけないのは、夕方6時以降は

こまめに消す方がお安くなります。

 

 

 

なぜ?

 

 

それは日中は部屋を冷やしても、エアコンが切れてしまうと

室内温度が上昇し、また冷やしなおすために電力を使います。

 

それに比べ、日が落ちると多少は部屋の温度が保てるため、

エアコンを再度つけるにしても時間が空くことと、

 

日中ほど、部屋が昼間ほど暑くならないので、冷やすまでの電力と時間が、

そんなにかからないということです。

 

昼と夜では、電力の使い方が変わってくるので、

節約するためには、時間帯を考えて、使い方を変えるといいようです。

 

契約している電気によって、時間帯別の料金も変わってくるので、

ご家庭で使っている電気が安くなる時間・高くなる時間も把握しておいた方がいいでしょう。

 

 

風の向きは?

 

風の向きは、風の出口と平行に、冷たい風は下に落ちてくるので

部屋全体を冷やすコトも一つの節約術です。

 

暑いからと言って、風を下方向にだけ来るようにしていると

上の方が中々冷やされないので、フル回転で部屋を冷やそうとエアコンが頑張ります。

イコール、電気代がかかるという事なので、風の向きにも気を使っていきましょう。

 

今年の夏も熱中症に気をつける事を踏まえて

子供がいる夏休みなどは、エアコンをつける機会も増える事でしょう。

少しでも安く快適に過ごせるように、頑張って乗り切りましょう。

 

節約のために無理して体を壊さないようにしていきましょう。

 

健康第一です。

節約の出来る範囲で頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 気になるニュース(節約) | comments(0) | -
コメント
コメントする











▲ page.Top