「実話」小学生供’れゆく力〜不思議・恐怖体験

小学生の私は、熱を出して家で寝ていました。

母は、パートで朝から居なかった。

学校を休んで家で一人で寝ていた私。

 

 

ざわざわっ・・ザワザワッ・・・・

 

「あ〜・・・また始まった・・・」

 

目を開けると、見えるわけもなく、人の気配がずっとしていたのだ。

部屋の中をなんとなく見渡して、感じるだけならいいやって思い、寝ることにしたんです。

 

でも・・・

 

頭で感じるような、体で感じるような不快感、ざわつく感じで

ウトウトするものの、寝れませんでした。

 

「ただいま〜。」母が帰ってきました。

 

階段を上がってくる音。

カチャッ。。。戸が開いた。

見ると小さな子犬が母の手に乗ってるのが見えました。

 

「ワァッ~~~。犬ww」

 

「まだ目が見えてないから親犬のとこに連れて帰るけど、この子犬もらうことにしたんよ。夕方仕事終わったら、また連れに帰るからそれまで一緒にいていいよ。お母さんは、また仕事に戻るからね。」

 

「うんうんw」

 

指を口元に持っていくと、吸い付いてくる子犬。

可愛くてかわいくて。

 

母が職場に戻った後、犬を隣に寝かせ、じっと見ていると

「あれ?静かになった??この子のおかげかな?」

 

気が付くと寝ていたらしく、母に起こされたのです。

そして、熱も下がっていました。

 

どういう理由で静かになり、熱が下がったのか分からないですが、

この子には、それから色々助けてもらうことになります。

 

 

それから2か月後。

犬が家に来ました。ころころのプクプク。ブサイクやから男前になるようにダンディーと付けようと母が言い出し、名前をダンディーと命名しました。

 

何か月か過ぎたころ、朝学校へ行こうとしていると、

ダンディーがまとわりついてきて、何か様子が変でした。

集団登校だったので、家を出ようとすると、そばから離れない・・

 

「おかーさーん!ダンディーが離れへんよ〜。」

 

母が慌てて抱き上げて、

「いつもこんな事ないのに、どうしたんやろ?」と言いながら

家に連れて戻りました。

 

何も気にすることなく、私は学校に行き、いつも通り過ごしていたんですが、

お昼休みに、事件が起きました。

 

雨だったために、体育館で皆で遊んでいたんですが、

バスケットのゴールポストの下にマットを積み上げて、

ゴールポスト裏にある壁とつながっている棒にぶら下がり、

遠くまでジャンプする遊びをしていたんです。

 

今考えれば危ないですよね。。。。

 

皆で遊んでいる途中、変な違和感が襲ってきて、やめた方がいいって思ったんですが、

皆で遊んでいる手前、やめるわけにもいかず、

ぶら下がったんですが・・・・・・・・

 

反動をつけるためにゆらゆら体を揺らしていたら、

手を上から握られた感覚になり

「ん?」って上を見上げ手を見た瞬間、握っていた手がパーになり

揺れて反動をつけていた私の体は飛んでしまいました。

 

「わっ!!!どうしよ。」って思った瞬間、体を立て直す暇もなく

今度は、両腕が背中に回され、そのまま手の上に体が乗る形で落ちたのです。

 

周りは騒然となり、慌てて友達が先生を呼びに行きました。

 

左手が痛くてうずくまっていると、一人の友達が

「落ちる時、変に手が後ろに回ってたよ、なんで?」っと

聞かれました。

 

どう答えていいかわからず、「分からへん。」と答え、

慌てて飛んできた先生に病院へ連れていかれました。

 

病院では母が血相を変えて来た時の顔を今も覚えています。

 

お医者様が、

「左腕の2本の骨が折れているんですが、とりあえずズレた骨を引っ張ってもとに戻したんです、大人だったらボルトを入れる手術になっていました。子供なので、このまま様子を見て、無理だと判断したら手術になります。とりあえず1週間、安静にして左腕を動かさない様にしてください。ズレるとすぐ手術になります。」と母に説明しました。

 

先生が母に謝ってました。

母は「トモがやんちゃ過ぎるんです。迷惑をおかけしました。」と頭を下げていました。

申し訳なくて母親に謝りました。先生にも・・・・

 

帰り道、タクシーの中で

「どうやって落ちたの?ただ落ちただけなら、背中に腕回り込めへんやろ?いじめられてるんか?」

母の心配はごもっとも。

「ちゃうよ~。遊んでたら負けたくなくて、思いっきり体揺らしたら手が離れただけ。」と言い訳をしました。

 

その夜・・・痛くて痛くて眠れず、母に痛み止めをもらい布団に入るけど治まらず。

 

しばらくすると、母がダンディーを連れて

「下でクゥンクゥン泣くから、心配してるみたいやから一緒におり」

部屋にダンディーをおいていきました。

 

ダンディーはまずギプスで肩まで固められた左腕に鼻をつけ、

私の顔を見ました。

 

痛いのよ〜とダンディーに言って一緒に布団に入りました。

 

朝から何かを感じていたんやね。この子は・・・と直感的に思いました。

 

私はこの時から、ダンディーの様子がおかしい時は、注意しようと決めました。

散歩のときも、いつも行く散歩道を、変に嫌がったら別の道に変えたり、

 

夜寝る時に、そばを離れないようだったら、一緒に寝たり、

そんなことを続けていると、私の不思議体験はなくなっていったんです。

 

動物の直感は、すごいんだとこの時思いました。

 

そして3年後、私はダンディーに守られていた事を知る事になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 不思議・恐怖体験 | comments(0) | -
コメント
コメントする