外面菩薩に似、内心夜叉の如し

 

今日はニュースで離婚の事と、録音テープの事が頻繁に放送されていました。

 

全然、違う内容のニュースだけど、

人として相手の事を考えて行動し、発言してるのかと

思う所は一緒だったのでこの事についての思いを書いてみようかと思いました。

 

人は感情で動くし、発言するけど、それでも・・・と

思うのは私だけなんだろうか?

 

録音テープが流れた時に、「外面菩薩に似、内心夜叉の如し」の

言葉が頭をよぎった。

 

もう一つはTwitterとYouTubeの顔の違いに、怖いと思った。

 

親しき中にも礼儀あり。

たとえ夫婦でも、自分の部下でも、親友でも、

自分の傍にいてくれるからこそ、大切にしなければいけないと思う。

 

感情をぶつける事があってもいいと思うし、

怒ったりする事があるのは当然の事で、

だけど・・・・

 

敬うことを忘れちゃいけない。

自分を支えてくれた事、支えてくれている事に感謝を忘れちゃいけない。

と思う・・・・

 

人の顔の表と裏。

 

菩薩の様に振舞っていても、内面が夜叉になったら顔まで人は変わってくる。

 

人に対してあんなに暴言が言えるなんて・・・・

大切だった人にあんな行動が出来るなんて、

どんな理由があるにせよ、やっぱり限度があると思う。

 

 

どんな相手でも踏み込んじゃいけない領域があるんだと思います。

 

・大切な人だからこそ、一番気を使わないといけない相手。

・大切な人で落ち着く相手だからこそ、一番気を許せる相手。

・お互いに落ち着ける場所を安らげる場所を作ってあげる。

 

★正論・理想論かもしれないけど、こうでありたいと私は思っています。

 

 

離婚が嫌で逃げ回っていた2年間・・・

死のうと考えるほど人を愛せることはすごいと思う。

 

愛しています。。。。。

 

信じています。。。。。

 

信じているなら、相手の行動を監視する行動は、ほどほどにしないと・・・

監視=信じていない

監視=疑っている

 

ずーっと監視されていたら、どんな人も嫌になると思う。

 

相手が自分を嫌になった原因を相手に聞くことをしたのだろうか?

束縛されて、監視されて、携帯壊されて、疑われてばかりの生活が

嫌だと言われて、直す努力をしたのだろうか?

 

 

この行動は、相手を自分の所有物として扱うことで、

子供が大事なおもちゃが無くなったから暴れる。

物だからどう扱っても私の物なんだから自由でしょって

行動しているようにしか見えなかった。

 

あなたが居なくなったら私死にます。とまで考えた相手。

 

そこまで考えた人に対して、恨みに代わると同じ大きさで

攻撃が始まることに、さみしさや悲しさが伝わってくる。

 

こうなる前に、自分の行動を改め、

一緒に居るチャンスを作る努力をしてほしかったな。

 

チャンスをもらえない程、相手が自分を嫌になっているんだったら、

相手の為にも、自分自身の為にも、

諦めて次に進む事を考えて欲しかったな。

 

ただ、世の中にはストーカーになっちゃうほど、

相手に依存してしまう人がいるのも事実で、

私にはそういった感情が乏しいから理解できないのかもしれません。

 

人の心の表と裏・・・

色んな人の感情の動きは人それぞれ

 

この2つのニュースに対しても、色んな人が色んな気持ちになっていると思います。

 

私もその一人なだけ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々考えさせられる一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 転勤族の主婦の日記 | comments(0) | -
コメント
コメントする