要注意!以外に節約できるホットカーペット?

スポンサーリンク

 

一般的な電気料金は 27円/kWh ですが、

 

 

    消費電力(W)

      ×

    使用時間(h)

      ×

   電気使用料金(kWh)

 

この計算で電気料金が計算できます。 

 

 

一般的に高いとされているホットカーペットですが、

実際にそうなんでしょうか?

色々調べた結果 

 

1時間の料金

 

こたつ 2円〜5円

 

エアコン 2.5円〜55円

 

電気毛布  2円

 

ホットカーペット 3円〜15円

 

 

これだけの電気料金の変動があります。

 

ただ!ここで気をつけたいのが

どれもマックスで利用した時の料金なんですよ~。

 

で利用する事が前提の料金なんです。

 

常にで利用しますか?

 

 

料金の変動は、大きさやその暖房機器によって変動していきます。

 

 

 

 

どうですか?

一概にホットカーペットの電気料金が高いとは言えなくないですか?

 

 

 

たとえば・・一つの部屋で人がいるとして

 

一人暮らしなら、電気毛布が一番安いかも・・・

 

   でも・・・2人以上なら?

 

こたつやカーペットと変わらなくなってきます。

 

そうなんです!!

 

利用状況に応じて考えた方がいいんです。

 

 

 

 

ここで注意していきたいのは

 

・エアコンは必ず部屋のサイズに合ったものを選んで設置しましょう。

 なぜなら、15畳の部屋に、6畳〜8畳のものを設置してしまうと、

 部屋を暖めたり、夏場なら冷やしたりするのに時間がかかり、

 設定温度に達するまで電気料金がマックスでかかってきます。

 部屋の温度設定も、冬は高め、夏は低めに設定しないといけなくなります。

 節約とは程遠くなってしまいます。

 

 

・こたつの敷き布団・かけ布団は厚めの物を使用しましょう。

 こたつ内の温度を下がりにくくしていくには、こういった対策もいいと思います。

 こたつ内の温度が下がってしまうと、ついつい強にしてしまいますから・・・・

 こたつもうまく熱を逃げにくくすれば、全然安く利用していく事が出来ます。

 

 

・カーペットは半面モードがあるものや省エネタイプの物を選びましょう。

 電気代が高いと言われているカーペットですが、

 一畳用で強で利用して3円と言われています。

 ダニ対策以外で強で利用する人は少ないと思うんですが、

 これを中や弱で利用すれば3円以下になりますよね。

 

 2畳用で6円から8円と言われますが、これも強で利用した場合です。

 この温度設定を、中か弱に設定すればこんなにかかりません。

 半面モードを利用し、省エネを選べば1.5円〜3.5円とも言われています。

 

 3畳用でも同じことが言えると言っていいでしょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

確かに、利用料金とされる料金表を見ると、カーペットは高いと感じるかもしれないのですが、

家族の人数や、部屋全体を温めたいとか、家庭家庭によって利用の仕方はまちまちです。

 

自分に合った暖房の仕方を見つけて、快適に節約していかれるといいと思います。

 

 

私の家庭は、カーペットと石油ファンヒーターを使っています。

 

電気代は月に、冬は5000円から6000円です。

夏は、6000円から7000円です。

これが安いかどうかは

他の家庭の料金が分からないので・・・・・ですが

 

私は専業主婦なので、一日家に居ますし、

一日中、TVはつけっぱなしです。

 

寒ければファンヒーターかカーペットを使っていますし、

夏は、暑かったらクーラーしていますが

やっぱり、少しは電気代の事も考えるので

使い方は色々考えながら、利用しているつもりです。

 

 

 

それと、灯油のお金が月に3000円から4000円かかるので

エアコン使った方が‥‥とたまに思う事もあります。

 

ただ速攻で部屋がぬくもるので、石油ファンヒーターはやめられません・・・

 

唯一の救いは、石油ファンヒーターの電気代がかなり安い事ですかね・・・

 

 

自分に合った使い方。

無理なく節約していけるように自分の用途にあった物を

使っていけばいいと思います。

 

ここ最近、寒さがきついので快適に過ごせるように頑張りましょう。

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 気になるニュース(節約) | comments(0) | -
コメント
コメントする











▲ page.Top