手荒れのケア・症状別ハンドクリームは?

スポンサーリンク

 

水仕事をしているとどうしても付きまとう手荒れ!

今回は手荒れをする原因やケアの仕方。

症状に応じたハンドクリームを紹介したいと思います。

 

 

※持病のある方は、専門家に相談してください。

■あなたの症状に合うハンドクリーム!

手荒れのタイプは、3タイプに分かれます。

・カサカサタイプ

・ごわごわ硬い感じ

・ひび割れ・アカギレ

この3タイプになります。

 

ケアに向いてるハンドクリームは

一番症状がかるいカサカサタイプ

保湿系のハンドクリームがいいです。

保湿系は一番種類が多いので、好みの物を選んでいいと思います。

 

ごわごわ硬くなってきているタイプ

尿素系のクリームがいいです。

硬くなった角質を柔らかくしてくれるので、角質が固くなった人は

尿素系をまず塗ってください。

 

 

 

ここで注意してほしいのは、柔らかくなってくると言う事は

角質が薄くなってきているので、ごわごわが無くなってきたら

保湿クリームに変えて下さい。

 

ひび割れやアカギレタイプ

抗炎症系のクリームがいいです。

 

 

 

 

 

ひび・あかぎれと表示されているものは、抗炎症系のクリームですが、

裏の表記にグリチルレチン酸と明記されている物を選んでください。

 

 

▶目次にもどる

 

■なぜ手荒れするのか?


・お湯で洗いものをする。

 お湯で洗い物をすると、手の皮脂が取れていきます。

 油物など洗うときに、お湯の方がよく落ちるのと一緒です。

 お水で洗う方が、手荒れしにくいです。

 でも、この時期は水仕事はつらいので、温度設定を36度ぐらいなら

 お湯で洗うよりも手荒れ予防にはなります。

 

・アルコール消毒をやりすぎる。

 アルコールは手の水分を奪いながら蒸発するのと、

 こちらも手の皮脂を取れやすい状態にしてしまいます。

 

・新聞・雑誌など、紙類を触る。

 紙類は、経験ある方が多いと思いますが、

 手の皮脂が無くなっていくので、手荒れの原因になります。

 

・自転車やバイクなど外気が冷たい時は、手荒れを起こしやすくなっています。

 

こういった作業の後には、ハンドクリームを塗るようにした方がいでしょう。


▶目次にもどる

 

■どういうケアをしていけばいいのか?


本来は水仕事の後はハンドクリームを塗った方がいいです。

手が荒れる原因である行動をした時も同じです。


かといって、家事をしている主婦は毎回塗っていたら、すぐにクリームが

無くなってしまいますよね。

家事をする時には、洗い物や、洗濯物をするなど、一通りやってしまってから、

クリームを塗って手を休める様にした方がいいと思います。

 

一番効果的な方法は、

寝る前に塗って、寝てしまうのが一番効果があります。

 

クリームの量は、人差し指の第一関節ぐらいを手に塗っていくといいみたいです。

塗りすぎには注意していきましょう。

 

自転車やバイクに乗る時には、手袋などで冷たい外気から手を守りましょう。


▶目次にもどる

 

■適切なハンドクリームの塗り方


優しく手に塗っていきましょう。

ゴシゴシ強く塗っていくのはやめましょう。

 

全体に馴染んだら、指の付け根から指先に向けてマッサージをして

指先の爪の横を、軽くマッサージしていきましょう。

手の血行が良くなります。

 

あくまでも適切な量は、人差し指の第一関節ぐらいの長さで大丈夫です。

▶目次にもどる

 

■今のトレンドのハンドクリームは?

 

ぺパリン系のハンドクリームがいいみたいです。

 浸透力もよく、保湿力にすぐれているみたいです。

 

 保湿系のハンドクリームを買うときに悩んだら、

 ぺパリン系のハンドクリーム試してみて下さい。

 

※持病のある方は、専門家に相談してください。


▶目次にもどる

 

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 気になるニュース(美容・健康) | comments(0) | -
コメント
コメントする











▲ page.Top