【実話】もう!!〜薄れゆく力〜

スポンサーリンク

 

子供の頃とは違い、そんなに頻繁に変わった事が起こる事は少なくなって、

気にもしない事が多くなってきている今日この頃。

 

それでも、思い出せる事がまだある。

 

あれは、4年ぐらい前・・・

 

主人が1年ぐらい長期出張で、1か月に1回ぐらいしか帰れなくって、

一人暮らしみたいな生活をして3か月ぐらい過ぎた頃・・・


 

その時は、オンラインゲームで毎日主人と遊んでいたし、

スカイプで毎日話していたので、寂しいとか怖いな〜とか思う事もなく

過ごしていたんだけど・・・・

 

ある日の夕方、仕事から戻ってくると寝室の電気がついていた。

消し忘れたと思ってその時は、気にもしなかった。

誰にでもある事だしね(笑)

 

それから、2・3日した頃、また帰ってくると電気がついていた。

 

ちなみに家の間取りはこんな感じ。

 

玄関を開けるとわかる感じなんだけど、寝室の電気がついているんです。

また忘れたのかと思い、その日から仕事に行くときは、

必ずチェックしてから出るようにしていました。

 

夕方からのシフトになって帰ってくるのが深夜1時半ごろ。

帰ってくると、廊下を歩いていると、リビングの窓から明かりが

漏れているのが分かり「あれ?」主人が帰ってきてるのかと思い、

玄関を開けると誰もいるはずもなく・・・・

 

いつものように気にし始める事になるんだけど・・

主人には心配かけると悪いので、言わないようにしていました。

 

そんなに頻繁に起こるわけでもなく、そのうち治まるかなって思っていたら、

今度は、家のリビングに居る時に電気がパってついたんです。

さすがにビクッってなってしまった私は、

「もう!!」って文句を言いながら寝室の電気を消しに行きました。

 

月に数回程度だったんで、そのままほっといたんですが、

主人が月末に帰って来た時に、電気が勝手についちゃったんです。

「あ〜〜〜。」ッ落胆・・・・

 

「何?これ?」と主人・・・

 

「何か月か前からたまに電気がつくんよ。他に何もないから・・

 嫌な感じもしないし、これぐらいならその内、治まるかと思って。」

 

何かを感じたのか、主人は配線の接触が悪いのか、

隣の家のリモコンが反応してるんやろ(笑)。と言った。

私でも苦しいこと言ってるな。と思ったけど、気にしないでいいよっ

言ってくれる主人をありがたく思った。

 

2日過ごした後、主人が出張先に戻る時に、続くようなら管理人に言って

見てもらえよと、新幹線に乗って行った。

 

ところが、それから1か月、電気がつく現象は起きなくなっていた。

 

 

スポンサーリンク

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

 

 

気にしなくなってから、どのくらいたった頃だったか・・・

主人と電話していると、

「ホテルの部屋変えてもらてん。」

「え?なんで?どしたん?」

 

「隣の部屋の奴がなんか変で、音がうるさかったから

 ホテルのフロントに言いに行って変更してもらってん。」

 

「え?同じ出張組の人?なんで急に?」

 

「わからんねんけど・・・」

 

私は、主人が部屋の何かを持って行ってくれたと思いました。

 

「あんな〜、電気が勝手に点いたりするの止まってん(笑)」

「やっぱりか〜〜〜〜」と主人。

 

部屋を交換してもらった主人は、それから何事もなくホテルで過ごしていました。

 

でも、それから間もなく、転勤の話が来て私たち夫婦は引っ越すことに

なったんだけど・・・

 

今のマンションに来て、2年半。

何事もなく過ごしています。

 

また何か思い出したら、書こうと思います。

子供の時の話になるのか・・

いつ頃に体験した話を思い出すか分からないですが、

日頃のちょっとした、体験談です。

 

 

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 不思議・恐怖体験(社会人) | comments(0) | -
コメント
コメントする











▲ page.Top