ゆうちょ銀行、決済サービスの一時利用停止。理由はKyash Card

Credit Card Terminal Cashless Card  - geralt / Pixabay気になるニュース
geralt / Pixabay

ゆうちょ銀行が決済事業者と、新規口座登録と入金を停止を発表。

今回、ドコモ口座とのことを受け、ゆうちょ銀行にも動きがありました。

決済事業者Kyashからと、PayPayからの被害があったようです。

決済事業者Kyash

今回、Kyashから不正出金が3件合計23万円の被害を確認。

イオン銀行からも、1件、30万円の不正出金が確認されました。

Kyashとは

プリペイド式のカードで、審査が甘く、だれでも作れてしまうカードで、リアルカードもありますが、

リアルカードの方は、少し審査があったようです。

カードの種類は3種類。

「Kyash card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」

町中のVisa加盟店で使える為に、簡単に登録利用する事ができます。

なので利用されている方もいたと思いますが、銀行に通帳記入に行かれることをお勧めします。

もちろん、今回はドコモ口座と同じで、紐付いていない人が、不正利用されていたみたいですが、

使っている人はすでに口座と紐ついているので、使えなかったといった方が良いのかもしれないです。

ただ、簡単に誰でも利用できる分、不正に利用できるリスクも考えなくてはいけないと思います。

PayPayからの不正利用

PayPayを悪用した不正利用が、今年1月から17件

被害総額141万円

手口は?

氏名・口座番号・暗証番号など個人情報を入手

入手した個人情報でPayPayと紐付け開設。

今回のドコモ口座と同じような手口で、口座から不正利用されていたようです。

そして、利用していない人が使われていたのは、口座を紐付けされていないので、

新規登録がしやすかったこともあるのでしょう。

ゆうちょ銀行は一時利用停止

連携する際の本人確認が不十分だったとし、今後ワンタイムパスコードなどを含む、2段階認証方式に切り替える。

保証は?

決済事業者Kyashは、ゆうちょ銀行の新規口座登録や入金を停止。

被害額全額保証する。

PayPayもゆうちょ銀行からの新規口座開設や入金を停止。

被害額は全額保証する。

一時利用停止だとしても、セキュリティー強化のためには、仕方のないことですね。

通帳記入に行きましょう。

今回の被害は、良くも悪くも、ドコモ口座の事があり、発覚したと思います。

自分が被害にあっていないか、必ず通帳記入に行って確かめましょう。

大手銀行は、2段階認証をされており、今回被害にはあっていないとの事。

一日も早く、今回狙われた銀行は、2段階認証などのセキュリティー強化をしてほしいと思います。

comment

タイトルとURLをコピーしました