10月27日携帯新料金プラン政府が発表

気になるニュース

本日新料金プランを政府が発表しました。

携帯料金は出来るだけ安く済ませたいと思っているのは、みんな一緒だと思います。

生活に直結している携帯の料金は、日本はホントに高かったですよね。

今回のこの発表で、ドコモ・au・ソフトバンクの料金プランがどう変わっていくのか、期待したいと思います。

それでは、どういった内容なのか見ていきましょう。

新料金プランとは

アクションプラン

1・わかりやすい料金・サービス

2・事業者間の公正な競争

3・乗り換えを円滑化

今回この3つが発表されました。

大手の携帯事業者が、格安スマホ事業者に貸し出す回線料金の引き下げするようにと言う事みたいです。

これに対して、大手事業者3社は、自社の料金プランを見直す方向になっていく事でしょう。

分かりやすい料金プランとは

携帯料金のプランを見直すのは結構めんどくさくって、そのまま利用されている人もたくさんいると思います。

そんな利用者の人たちがわかりやすい料金プランの提示を国は促していくみたいです。

でも、今の現状でも相談に行った方がいい人もいると思います。

実際私も行くのがめんどくさくて、行っていなかった一人です。

主人と2人で行ってみたところ、2人で5000円ほど安くなりました。

主人の方は仕事でも利用することが多いために、ほかのキャリアでもかけ放題にしてあるので、

高いんですが、私の方は月々4000円ほどになりました。

それでも高いですよね・・・・

もっと安くできないかと考えている所ですが、今回の事で、どう変わっていくのか見てから、

調べたあと、一番安いところに変えようと思っています。

事業者間の公正な競争

今は、大手3社が独占しているような状態で、回線のレンタル料金が高いために、

安く提供しようとしている事業者がどうしても、これ以上下げれない状態がずっと続いていました。

それを、もっと公正な状態にしようと国は働きかけようと思っているのでしょう。

私たち利用者にとって、安いに越したことはない。

でも、それを妨げているのは、電波の問題があるからだと思います。

地下に行ったり、山など、電波の届きが悪くなることが嫌で、多少高くても、

大手キャリアを選んでいる人が多いと思いますが、都心部に住んでいる人は、安いキャリアでも問題は、ありません。

地方に住んでいると困ることも出てくると思いますが、今はどんどんWi-Fiも普及してきているので、

そんなに困る事も少なくなってきています。

利用する私たちが、選ぶ時代になってきていると言う事ですね。

乗り換えを円滑化

乗り換えるのに一番の問題は電話番号。

他のキャリアに乗り換えるときに、番号そのままで変えようとすると、3000円かかります。

その手数料をネット手続きで無料化にしようと言う事です。

若い人にはすごくありがたい。

でも、ネットに疎い人には、どうなんだろうと思います。

ネット手続きだけでなく、ショップに行っても同じように手続きが出来るようしてほしいと思うところもあるけど、

まず、この携帯料金を安くしようとしようという動きのとっかかりと言う事でしょう。

ネット上で一元的に調べられる仕組みを構築していくみたいなので、

これから、年末にかけてどういった動きがあるのか見ていきたいと思います。

comment

タイトルとURLをコピーしました