知床観光社長会見内容は?いまだ15人不明。

海気になるニュース
スポンサーリンク

事故の原因は?

知床半島沖で観光船が行方不明になっている状況では、詳しい事故原因はわからない。

ただ、原因になりえる要素がたくさん情報としてあがってきているようです。

そういった情報も踏まえた上で、会見で話されていた内容を見ていきます。

会見で答えられたQ&A

質問1

Q・波浪警報が出ていたのに、なぜ船を出したのですか?
A・最終判断は社長がしました。目視で海を見た時は波も風も強くなかったので。

本来、波が高ければ危ないので、お客様にきちんと説明の上、中止にするべきところだったはず。

なぜ、行けると判断したのか不思議です。

天気予報より、自分の目視での確認の方が優先されるなんて、びっくりします。

質問2

Q・無線機のアンテナが故障していたのになぜ?
A・朝に修理業者に電話したし、他の観光業者の無線があるので大丈夫と判断した。

いやいや・・・

他の観光船の3社は、観光船を出すのはゴールデンウィークから。

確かに事務所にはスタッフの方がいたのかもしれません。

でもそれは、ゴールデンウイークから安全に運航できるように

色々と準備をされているのかもしれない。

もともと、4社で合わせていた出向判断し、不測の事態に備えるようにしていたのにも関わらず、

今回の社長になって、そのグループからも離脱。

それなのに、他の観光船の無線機があるからって・・・・ホントに呆れます。

結局、修理はされず、そのままでした。

質問3

Q・衛星電話は?
A・故障していました。いや、電話はありません。わかりません。

アンサーはかなり簡潔にまとめてしまいました。

お答えになっている答えが、あまりにもはっきりしなかったので・・・

結局、私の解釈では、船を見ないとわからないと言う事なのか?と思いました。

質問4

Q・事故の理由は?
A・私の不徳の致すところだと感じています。

人を乗せて動く乗り物はかなり安全対策が必要だと思います。

車・電車・飛行機・船・バイク・自転車・人が鉄の塊を動かすわけですから、

注意を怠れば、人の命を奪いかねない。

安全管理は最善を尽くさなくてはいけないと思います。

質問5

Q・安全管理体制はどうなっていたんですか?
A・結果として、安全管理体制は出来ていませんでした。

結果

安全体制もきちんとされていないなんて、予約する側の私たちには知る由もない。

安全だと思って予約し、遊びに行くのに、内情がこんな状態だったなんて・・・

今回、事故が起きていおなくても、いずれ事故を起こしていたのかもしれない。

事故の原因は、船が発見されなければ詳しい事はきっとわからないのでしょう。

捜索をしたくても、自然相手で難航する事もわかっていますが、

一日も早く、事故に遭われた方たち全員見つかりますように。

そして、もう2度とこんな事故が起こらない様に、安全対策・安全体制が、

しっかりと組み込まれるように、人の命を預かる仕事をする時は、

大変な責任が伴う事を前提に、しっかりとしてほしいと思います。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました