ホントにあった不思議な話【第2話】

accidentホントにあった不思議な話

第2話 誰かが抱き留めてくれた

近所の駄菓子屋さん。大好きだった。

毎日50円のお小遣いをもらっては、お菓子を買いに行っていた子供の頃。

私はいつもの様に、お小遣いを握りしめ走って行った。

宙を舞った私

家を出て大通りに出た時、目の前に駄菓子屋さん。安全確認もせずに道路を渡った。

その時!

『ドンッ』

私は、トラックにはねられてしまった。

クルクルと宙を舞い、ゆっくり周りの街並みが見えた。

『キャーッ』

駄菓子屋のおばちゃんが、慌てて出てきて、トラックからはオジサンが下りてきました。

オジサンに抱えられ、家に行くと母が真っ青な顔していた。

トラックのオジサンが母に一緒に病院に行きましょうと、私はオジサンのトラックに乗せられて病院に向かいました。

トラックの中で

意識がある私に、母は

『痛い所ないか?』と聞いてきたので、

『足』

ズボン越しに足を触った母が、言葉を失っている事にこの時、気付きました。

子供ながらに、話を変えようと窓越しの公園に、お兄ちゃんが見えたので、

『お兄ちゃん!』と言う私に、母は

『お兄ちゃんは学校に行ってるでしょ』と・・・

見えたことを伝えても車は走っているので、見えた場所を伝える事も出来ず、病院についてしまいました。

病院

先生たちが慌ただしく私を部屋に連れていくと、お気に入りのズボンを切った。

寝ころんでいた私は、看護婦さんに話しかけられて自分の足を見る事が出来なかった。

今思えば見せる事を避けたかったんだろうと思います。

この時は、2か月ほどだっただろうか?

ギブスも無事に取れ、治った事しか覚えていなかったんだけど・・・

後日談

後から母が私に教えてくれました。

足を触った時、グニュっと足が形をとどめていない感触があった事。

足のすねの所から骨が突き出ていて、綺麗に治るか分かりませんと言われていた事。

一週間、骨をもとの位置に戻して見て、子供の回復力を見てみましょうと言われ、

綺麗に引っ付く様子がなければ、手術しますと・・・

母は家に帰る前に、私がトラックにはねられたのに、他に傷がなかった事が不思議で、私に聞いたそうです。

すると、地面に落ちる前に誰かが抱っこしてくれて、地面に置いてくれたから、トラックが当たった左側しか痛くなかった。

すぐにオジサンが、抱っこしてお母さんとこ行ったしと言われた母は、この時、この子はホントに不思議な事起きる子だと思ったそうです。

足も綺麗に治って、普通に生活していますが、今でも骨が突き破って出てきていた所には傷跡があります。

私がトラックから見えたお兄ちゃんは、私の錯覚だったのかもしれませんが、

あの時は、お兄ちゃんのお兄ちゃんがまた来てくれたと思っていた事は、母には言いませんでした。

 

 


comment

タイトルとURLをコピーしました