おススメ!海外ドラマ THE MENTALIST

 

ネタばれはしません。

シーズン1のストーリーを少しご紹介。

「メンタリスト シーズン3」の画像検索結果

 

見て面白かったドラマです。

何を見ようか悩んだ時のリストにどうぞ!

 

主な出演者やレッドジョンリストも参考にドラマを見ていくと面白いと思います。

 

★あらすじ

青い瞳と爽やかな笑顔が似合うイケメンだが、元詐欺師で以前は自身を霊能者

(サイキック)と偽り活躍していた。

妻と娘を殺した宿敵レッド・ジョンを追うため、CBIのコンサルタントとなり、

人間心理を巧みに操る観察眼と推理力を持つ「メンタリスト」として

型破りな捜査で犯人を追う。

続きを読む >>
| おススメ!海外ドラマ | comments(0) | -
転勤族の主婦は大変なんだなぁ・・・

 

この一年間で、家族と一緒に住みたいからと

転属願を出した人や、辞めていった人たちもいる中

 

前回も書いたように、一人がいいからと家族を呼べるのに

あえて単身赴任を選んでいる人もいる。

 

そんな状況が私的には納得できないのだが・・・

 

旦那「嫁さんと子供に一人で頑張ってと、有無も言えない状況で単身赴任している人もおるんやで。」

 

私「亭主元気で留守がいい。を本気で思われてるんやね。かわいそうに・・・」

 

こんな会話をしている時に、ふっと思ったことが口をついて出てしまった。

 

私「それって結婚を継続している意味あるの?旦那さんは家に居ない方がいいと思われていて、ここぞとばかりに単身赴任の話が来ただけで、旦那さんにもそんな対応される理由があるんじゃないのかな?。」

 

私「でも、一緒に居たくない人となんで離婚しないのかな?」

 

旦那「分からんけど、お金さえ持って帰ってきたらいいと思ってる人もおるんやろな・・か・・なんだかんだ言っても好きなんやろな。離婚までして離れたくないけど、ずっとそばにおられるのは嫌なんやろな。」

 

私「ふ〜〜〜ん。」

 

これは去年旦那とした会話。

 

今年になって、離れて住んでいる事がやっぱりさみしくて

こっちに家族を呼ぶ人や、

 

ここら辺は、車がないと不便だからと、

隣の県だったり、週末車で通える範囲に家族を呼ぶ人たちが出てきた。

 

そんな中、

家族を傍の県に呼ぶ一人が旦那に言ったそうです。

 

「あ〜〜〜週末毎回帰れる距離に来たら、一人になる時間が無くなる・・・」

 

それを聞いた私は

「は〜〜?じゃぁなんで呼ぶの?」

 

まぁ確かに、週末自由に色んな事を楽しんでらっしゃるけど・・・・色んな意味で・・・

 

旦那「そりゃ、一人の時間も欲しくなるけど、言えばいいやん。それに家で家の事して子供の事も任せっきりなんやろ。自分ばっかり遊んでんのもどうかと思うで。」と伝えたそうです。

 

 

世の中にはいろんな夫婦の形があって、

最近はTVやネットで色んな情報が得られる世の中、

自分の価値観では一概に意見が言えない世の中になりつつある。

 

でも・・・

 

私は思います。

 

・自分がされて嫌なことは相手に対してしないようにしよう。

 

・もし、相手が嫌がることをしてしまったり、されたりしたら、

少し冷静になって、時間をあけて一番いい解決方法を探そう。

 

・相手が望むことは、出来る範囲でやってあげよう。

 

・見返りを求めそうな時は、自分も行動しない。

 

って思っています。

 

 

私が言われて一番言われて嫌なことば・・・

「俺は、私は、考えてしたってるのに。」

「俺は、私は、こんなにしたってるやん」

「俺が、私が、我慢すればいいんやろ。」

「俺が、私が、一人でしんどい事我慢すればいい。」

 

この言葉って言われると意外とショックだったりします。

 

逆にこの言葉が出る時って、自分の事しか考えられなくなって余裕がないんですよね。

 

 

この前の週末は、ホントに余裕がなくなっていて、

前日、夜中に酔って帰ってくる主人を待ち疲れて寝てしまったら、

帰ってくるなり起こされて、この時間にこんなに酔っていたら、

明日は寝て過ごし、一日が無くなってしまうだろうと考えた私は、

明日は、一人でドライブに行って息抜きをして自分のペースでゆっくり過ごそうと思った。

 

次の日

「ちょっと一人で出かけてくるね。二日酔いで起きられへんやろ?」

「うん・・」

「行ってきます〜」

 

主人は起きれないだろうと言う読みも

いつもなら、一人で大丈夫か?という言葉が出ない事も予想通り。

車に乗って一人でご飯を食べに行き、ゆっくりと過ごし、

予定を立てて夜9時頃帰りました。

 

一日、自由に過ごせたことで、多少息抜きが出来たのかな。

家に帰ろうと車を走らせる頃には、旦那のご飯何したろ〜と考えていました。

 

周りに友達もいない分、愚痴を話せる友達もいないので、

余計にしんどくなっていたのかなと自分を分析しつつ

 

転勤が決まった時に、傍で支えてあげようと決めたのも自分

この人の傍に居たいから、思い出もいっぱい作りたいから

何もわからない土地に、一緒について回ることも苦にならなかったけど、

 

今回は、旦那が仲良くしている会社の人にも不信感があるから

余分なとこでイラつくことが増えたせいもある事が、自分らしく居られない原因の1つなんだと改めて思いました。

 

家族の事を大切に考えている人とも仲良くしているみたいだけど、

なぜか仲良くしている人が多い旦那に比べ

 

旦那としか仲良く出来ないこの人は受け付けないと主人に伝えました。

 

私がこんなに旦那が仲良くする人に拒絶反応を示すこともなかったので

旦那も「こいつとは仲良く気を使って遊びに行く必要はないよ。ただ俺にとってはいい奴で付き合いを辞めるわけにはいかへんから、トモは他の人や家族と遊びに行く時だけ誘うわ。でもいい奴やねんで、それだけはわかってやって欲しいな。」

 

と言われました。

 

でも、やっぱり受け付けない・・・・でも、こんな人なんだと割り切っています。

 

でも・・・まだ受け付けないのが現状です。

 

 

さすがに立て続けに週末付き合わされているので

今週末は誘われないだろうと思っています。

 

今週末は何しようかな。

 

 

一部屋余っている部屋を、旦那の趣味の部屋にしようと

ディアウォールを利用して、作っていきたいと旦那に言ったら

好きにしていいよと言われたので、とりあえずディアウォールを

探していたら見つけた。

 

 

あとは、2×4の木材を4本と、

棚になる木材と、壁一面に作りたいので、デザインを考えて

作っていく事にした。

 

今週末はホームセンターに見に行って、大体の構図を考えてみるかな。

 

私たち夫婦は、どっちかと言うとインドア派なので

プラモデルを作ったり

 

オンラインゲームをしたり

 

映画のDVDを見たり

 

ウインドショッピングをしたり、

 

こんな感じなので、ホームセンター巡りするのもありかな。

 

 

お盆は旅行に行く予定にしているけど、

 

棚が出来上がったら、部屋もスッキリするし

自分なりの息抜きの方法も見つけやすくなりそうです。

 

アクセサリーも作りたいデザインもあるんだけど

作ろうとする意欲がまだないんだよね。

 

早くこの土地、生活に慣れていかないとなぁ・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 転勤族の主婦の日記 | comments(0) | -
お〜い!ふざけるな~。

 

旦那「50キロ離れてたら、浮気してもいいんやって(笑)」

 

私「はっ〜?!」

 

こんな会話から始まった馬鹿な夫婦の会話・・・

旦那の会社の人は、単身赴任の人が多くって

浮気している女の子の写真を待ち受けにしてたり、

 

休みの日は、バレる事がないからと普通にデート出来るからと

私たちが買い物に行く場所を、ウロチョロしているとか・・・

 

 

私「何々?どういう事?」

 

こっちに来て1年・・

色んな人が浮気している話は聞いていたけど、

あんまりじゃないの?っと思いながら

 

ゴールデンウイークは仕事と言って

半分は彼女と過ごしたり

 

連休があってっも奥さんには黙っていたり

 

まぁ〜〜〜〜ひどいな〜と思う事が色々あるんだけど、

 

もしかしたら、奥さんは気付いていて、

ほったらかしているのかもと思ったりもした。

 

旦那「50キロ離れていたら浮気していいねんて(笑)俺も単身赴任してたら良かった」

 

私「ほ〜〜〜そっかそっか(笑)じゃ〜今からするか?地元の大阪に戻るからこっちで一人で自由にしとき〜」

 

旦那「・・・・・・・・・」

 

私「あははははっ〜〜(笑)」

 

単身赴任をされている人の中には、家に帰りたくて、

会社に移動願を出す人もいれば、

 

一人の時間を満喫したいから、離れて住んでることを、

ラッキーぐらいにしか思っていない人もいる。

 

旦那さんについて来たくても、家を購入していたり

お子さんが小・中・高の一貫校に通っていたり、

一緒に住みたくても我慢している奥さんもいるのに

旦那は、これか!!!!

 

これとは別に、大した理由もなく、別に住むことを良しとする人もいる。

このご夫婦は、離れて住んでいるから夫婦として成り立っているみたいです。

こんな夫婦の形もあるんだと思いましたが、

浮気を良しとしているかは分かりません。

 

そして迷惑なことがまた一つ。

自分は一人の時間が欲しいからと、単身赴任を選んだ人が、

女とも都合が合わず、一人の時間が飽きた時に、遊ぼうと主人を誘う事。

 

主人の言い訳は、「あいつもストレスたまってんねん。たまには男同士で呑みたいんやって。」と言う。

 

まぁたまには自分が呑みに行きたいんでしょ。と思いながら

「行っといで〜。」と言いますが、

 

内心「私のストレスが限界に来てるの分かってるのか?」と思う今日この頃・・・

 

限界に来たら旦那に言うからいいとして、

自由にしたいと考えて、大した理由もなく嫁子と離れて住む事にしたのに、

自分の時間つぶしのために、私たちを巻き込むなと思ってしまう私はどうなんだろ?

 

毎日、夜10時頃帰ってくる旦那をただ家で待つ日々、

 

週末もそんな人に誘われて、出て行った旦那を家で待つだけの日々にうんざりしてきている。

そんな私ってどうなんだろ?

 

最近、自分自身が葛藤してるよ・・・・・

 

 

今日もお祭りに行こうと誘われたが、その人も一緒。

去年いったが、地元の小さなお祭りで、花火もなく

屋台さえ4・5つあればいい方の小さなお祭り

 

酒を飲まない私は、運転手にぐらいしか思われていないのだろう。

そんな気持ちのまま楽しめるわけもなく

行くのを断ったが、境内で酒が飲めるから行ってくると行った旦那を今日も夜中まで待つのかと思うと・・・

 

 

 

 

転勤族の主婦さんたちは、どう消化しているんだろ?

新しい土地で、周りに息抜きできるような場所もなく、

仕事を探すのも一苦労・・・

 

何か息抜きできる方法を考えないと私はこのままじゃつぶれてしまう。

 

だんだん自分か心狭い人間になっている様で・・・・

どうしたらいいのかな・・・

 

 

人にやさしく

毎日笑顔で

毎日を楽しくが無くなっちゃうよ・・・

 

色んな事を試してはいるが、まだ集中して出来るこれだ!!!って事を見つけていないからだろうな・・・

 

 

話がそれた!!

 

離れて暮らしている男の特権

馬鹿じゃないんですか?

 

女も一緒ですよ

離れて暮らしている特権があるのは。

 

そんな心配もしないで

自分だけが楽しんでいると思っている旦那たち。

 

自分の娘さんの顔をまともに見れるあなた達の神経が分かりません。

 

嫁は大丈夫と思っているその安心感はどこから来るのでしょう?

 

あなたたちが遊んでいる女子たちにも

彼氏なり旦那なりいるかもしれないのに・・

平気であなた達と遊んでいるその現状。

 

自分の嫁は大丈夫?

ホントに見えていますか?

奥さんの現状・・・・

 

大切にしなくてはいけない人たちを見ていないと、

自分に同じことが帰ってきますよ。

 

 

 

そんな生活しているあなた達のリズムに

私たちをまきこむな!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 転勤族の主婦の日記 | comments(0) | -
間違った水分補給?!してませんか?

 

最近、天気がかなり不安定だけど、暑さは増していくばかり・・・

 

そんな中、水中毒という言葉を聞きました。

熱中症と似た症状で、死に至るケースもあるそうです。

 

気をつけなければいけないと思いました。

 

猛暑が続くと熱中症で亡くなる方も増えるそうで、

その中には水中毒で亡くなった方も居るそうです。

 

では、どうすればいいのか?

続きを読む >>
| 気になるニュース | comments(0) | -
コロコロ変わる心

 

その日によって気分が変わる。

 

今日は何もしたくない日だな・・・

 

いつも私たち夫婦は、主人を送り出した後、

電話で主人が会社に着くまで会話する。

 

毎晩、残業で遅くに帰ってきて、

お風呂、ごはん、寝る。

 

主人との時間は、帰ってきてからの数時間。

 

いつの間にか、朝、会社までの時間、

残業終わりの帰ってくるまでの時間。

電話するようになっていた。

 

朝は、ニュースを伝えながら、思った事なんかを2人で話す。

 

帰りは、その日あった事を話してる。

 

少しでも会話するようにお互いの些細な気持ちの揺らぎが分かるように・・・

 

 

 

毎朝、電話を切った後、朝ご飯を食べ、

洗濯機を回し、お風呂掃除、トイレ掃除、台所のかたずけ・・・

 

この流れ作業が私の朝の段取り。

 

日によって、そのまま掃除に取り掛かる。

窓を拭いたり、家にある棚の上を物を退けながら全部拭き

掃除機かけて、フローリングを磨いて、

 

合間にお昼を食べるけど、

 

気付いたら、もう夕方になってる時がある。

 

少し休憩したら、洗濯物を取り込んで、

畳んでしまって、夕ご飯の下ごしらえ

少し休憩・・・・・

 

電話がかかってきて、話しながら晩御飯を作り、

お風呂の準備をして、一日が終わる。

 

何かしたいなと思ったら、

一日家の事で終わった次の日に、

朝の流れ作業の後に、夕方までする事にしている。

 

夕方から掃除機をかけ、晩御飯の準備、

といった感じになるんだけど・・・・

 

 

たまーに何もしたくない日があるんだよね。

 

それでも朝の流れ作業は、体が覚えているのかやってるけど

昼からなーんにもしたくない。

今日がその日だった。

 

この後晩御飯をするのも

正直めんどくさい・・・・

 

料理が苦手な事もあるんだけど・・・・

 

それでも仕事頑張ってくれている旦那の事を考えると、

嫌でもするしかないんだな・・これが・・・

 

毎晩のメニューを考え

作ってくれていたお母さんはすごいと今更ながら思う今日この頃。

 

晩御飯、何がいい?と母に聞かれ

なんでもいいと答えていたあの頃の自分を怒ってやりたい(笑)

 

料理を作る事、好きになれたないいのにな。

 

毎日、仕事に行く大変さを分かっているだけに、

家の事に対して、手を抜くことに申し訳なさを感じながら、

やらなきゃ!!と

自分を奮い立たせている。

 

毎日、ヤルキスイッチが入ったらいいのにな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 転勤族の主婦の日記 | comments(0) | -
<< | 3/7PAGES | >>