コロナと熱中症の違い。熱中症は寝ている時から始まる。

美容・健康

最近のこの暑さのせいで、熱中症患者が急増しています。

熱中症にならない様に、エアコンは必須と言われています。

エアコンは苦手…とか冷え性だから…とか電気代がなんて言って、使う事をためらっていませんか?

使う方が体にいいと言う事を説明していきます。

コロナと熱中症の違い

熱中症の症状は3段階あります。

1度 現場で応急手当てが出来ます。

・めまい

・立ちくらみ

・生あくび

・大量の発汗

・筋肉痛

・こむら返り

この段階では、我慢も出来る為、家で休む事を選ぶ人もいると思います。

でも、この時に十分な水分補給や塩分を取って安静に出来ればいいんですが、病院に連絡し、

応急手当の方法を聞いた方がいいでしょう。

2度 医療機関へ搬送するレベルになります。

・頭痛

・嘔吐

・倦怠感

・虚脱感

・集中力の低下

この状態になると、コロナか熱中症か判断が難しくなってしまいます。

この時に、お医者さんが判断基準にしているのが、

1度の症状にある、こむら返りの症状です。足がつったりしませんか?など聞かれているんです。

2度の状態でも、体はかなりしんどくなっています。

1度の状態の時に、早めの対応で自分に水分補給をして行きましょう

急激に症状が変化し、3度の入院が必要になってくる事もありえます。

3度 入院が必要な状態です。

・意識障害

・けいれん

意識障害やけいれんなど、手遅れになる前に、症状が場合はすぐに病院へ!

エアコンを使わない理由、間違っていませんか?

間違い1 エアコンをつけて寝ると朝起きた時に、体がだるいと感じる。

間違い2 冷え性だからエアコンはつけない。

理由

エアコンをつけずに寝ると、暑い中で寝る事による睡眠の質の低下。

汗をかくことにより、体の水分量が減少。この事により自律神経の乱れ。

自律神経の乱れにより血流が悪化。

そして、末端まで血液が回りにくくなり、手足の冷えや、体のだるさにつながっています。

朝起きて、急激に体調が悪くなったりする事があるようです。

寝ている間に、軽い熱中症になっている為に、翌日の昼間に、熱中症になるリスクが上がってしまいます。

特に年配の方は注意してください。

あるさに強いのではなく、暑さに鈍感になっているかもしれません。

人の皮膚は、暑さを感じる神経が、皮膚の内側にあり、神経の数も少ない為に、寒さより暑さを感じにくい構造になっています。

暑さを感じる神経は、加齢とともに減少。より暑さを感じにくくなってしまう傾向があります。

今日は暑いね~と感じるのは若い証拠とも言われています。

若い人でも、もちろん、熱中症になるリスクはありますが、

体温調節機能低下すると、体に熱がたまりやすくなったり、筋肉量の低下によって、体内の水分量が10%減少。

暑さを感じにくく熱中症になりやすい体になっていきます。

自らの体の異常を感じ取る事が難しくなっていくので、自覚症状がなくても、熱中症対策をとる事が大切になってきます。

エアコンの使い方

風が直接体に当たる事の無いように、風の向きを調節しましょう。

部屋全体が冷えるように、扇風機やサーキュレータなどを使いましょう。

自分に合った設定温度で、28℃以下に部屋を保つようにした方が良い。

体感温度は人それぞれです。

冬用の布団や、長そでのパジャマなどを着るなどして対応するといいでしょう。

気になる電気代は?

平均 8~10畳の部屋で、 夜8時間つけっぱなしで 120円

これを、30日で計算すると、3600円です。

お昼利用するとして、単純計算で、16時間利用で、月7200円いつもより多く支払う事になります。

24時間つけっぱなしで、10800円となります。

普段の電気代と合わせると、15000円~となってくるでしょう。

ただ、熱中症になって病院に行く事になったり、入院する事になったら、もっと高いお金を払う事になります。

やっぱり、元気が一番です。

体を壊さない様に、エアコンを利用する事をお勧めします。

少しでも電気代を安くする対策

・室外機の周りにモノを置かない。

・室外機が陰になるように工夫する。

・つけたり消したりは、逆に電気代が高くなるので、30分以内の少しの外出なら、つけっぱなしにしておいた方が良い。

・古いエアコンを使っている場合は、買い替える事も視野に入れる。

なぜなら、最近のエアコンは室温に合わせて冷気を調節してくれますが、

古いエアコンは、ずっと冷気を出し続けるので、部屋を過剰に冷やし、体に悪影響を与えてしまうからです。

安く買う方法もあります。

各自治体で、エアコン購入支援をしている所があります。やっていない所もありますが・・・

条件があるので、自分の自治体が支援を行っているのか?

支援をしているのであれば、条件はどういった条件なのかを調べる事をお勧めします。

ご自身のご両親がご高齢なら聞いてあげて下さい。

ご高齢の方で、最近のエアコンの使い方が分からなくて、エアコンを利用されていない方がいらっしゃるみたいです。

家族に使い方が分からないと言う事が、恥ずかしいと思っているみたいです。

冷房と暖房を間違えて、熱中症で運ばれた例もあります。

子供に電気代を払ってもらっているから、使いにくいと思っている方も居るみたいですよ。

一度、あなたの親御さんがどういった状態にあるのか、確認してみるのもいいかもしれません。

私は離れて住んでいるので、ちょくちょく電話して確認しています。

何かあってもすぐに、駆け付けることが出来ないので・・・・

comment

タイトルとURLをコピーしました