10月1日から変わる制度のまとめ

気になるニュース

今日からいろんな物の料金が変わります。

酒税・たばこ税・NHK料金・失業手当・最低賃金値上げなど、

皆さんは、どこに興味を持ちましたか?

コロナが生活を変えましたが、一番手っ取り早く回収できる、たばこ税と酒税。

結局、国民がしんどい思いをする事になりましたね。

ビールの税金値上げ

第三のビールと言われているビールの税金の値上げ。

最終的には、全種類のビールの税率を一律とするみたいです。

だからと言って、第三のビールの値段が、ビールの値段と一緒になることはありません。

一般的に言われているビールの税率が下がるために、少し値段が下がるだけです。

それに引き換え、国民の大半が吞んでいるであろう。第三のビール・・・・

この第三のビールの税金を上げることにより、国に入る税金が多くなるわけです。

高いビールの税率を下げても、国民は安いビールをこれからも買うのが目に見えているから、

一番売れているビールの税率を上げたんだと私は思っています。

最終的には、ビール・発泡酒・第三のビールの税率は54.25円となるようですが、

それでも、第三のビールが安いことに変わりはない。

たばこ税

今回、紙巻たばこの税金も上がる。

ひと箱 10円~100円上がると言われている。

加熱式たばこも値上げ対象で、増税される。

じわじわと上げ続けられるたばこ税。

毎回、値上げされるたびに、禁煙される方が増えているのを、皆さんは知っていますか?

国の背策の一つ、禁煙!!

いろんなお店とかで、禁煙をするようにしていますが、国はタバコの販売を禁止にはしない。

なぜなら!

2018年度の税収 ※JT参照

これだけの税収が一瞬で消えることになったら、国民全体の税金を上げるしかなくなる。

ただ、たばこの値上げとともに、禁煙する人が増えるために、国は見込んだ税収を得ることができないので、

消費税だのなんだかんだと上げざるを得ない。

結局、国会議員の報酬は減ることも無ければ、見直されることも無い。

こんな、ご時世になったにも関わらず、まだ、国民からとる方向しか考えていないのである。

ホントにどうなる日本!!!

NHKの受信料

地上契約 月額 35円値下げ

衛星契約 月額 60円値下げ

一体いつまで、見もしないNHKの受信料を払わなければいけないのだろう。

他の放送局がやっているように、スポンサーを見つけて放送すればいいと思っているのは、

私だけではないと思う。

見たい人だけが契約するとか・・・・

何か方法がないのかと思ってしまう。

いったい、国はどう思っているのだろうか?

失業手当の給付期間

今迄は、自己都合だと、3か月後からの給付開始期間が、2か月後から給付されるようになる。

この1か月の短縮で助かる人もいると思います。

最低賃金の値上げ

都道府県ごとに順次最低賃金が値上げされていく模様。

全国平均は 902円

確かに、最低賃金が上がるのは助かるが、非正規雇用の人が正社員になれるようにするのが、

先のような気がします。

アベノミクスで、非正規雇用が増え、収入を増やす事が出来たのは、一部の人たちだけだった。

国民全体が裕福になるどころか、収入格差が増えただけだった。

まとめ

結局は、国民が税金として納めていかなくてはいけない、GO TOキャンペーンの税金投入。

きっと、私たちの子供世代に負担がかかることになっていくのだろうと思う。

今、どんなに得だと思っていても、結局は税金で賄われることに変わりはない。

今度は、何の税金を上げてくるのだろう。

comment

タイトルとURLをコピーしました