「緊急事態宣言解除」早かったのか?遅かったのか?

気になるニュース

5月26日に、全都道府県解除されました。

一日も早い元の生活が戻ればいいなと思っています。

でも、生活のスタイル事態を変えていかなければいけない現状がまっていました。

5月29日、今の現状は、2次感染が疑われる状況がチラホラ見え始めています。

5月15日、解除されなかった都道府県

北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫

以上の都道府県が解除されませんでした。

愛媛県は条件付き解除・・・

この事について、日本の皆はどう思っているのか?もちろん、いろんな意見があって当然だと思う。

ただ言えるのは、検査体制がまだまだ不十分な中、解除して大丈夫なのかと言う不安。

第2波が来た時に、今までの経験を生かして対応する事が出来るのかという思いがあります。

経済活動の再開は、もちろん必要で、その経済活動を後押しできるぐらいの、国の体制がどこまでできているのかという点においては疑問が残っています。

解除の基準

一週間に感染者が、10万人の0.5人。

医療体制

検査体制

感染状況この3点を考慮したうえの解除。

この条件をクリアした県が解除対象となったようです。

逆にこの条件を上回るようなことになれば、、また、制限がかかる生活が待っていることになる。

3分類提言へ

・特定警戒

・拡大注意

・感染観察

この3段階に分ける提言がされている様です。

皆さんの所はどうですか?

どの段階に区分けされるのでしょう。

どの段階においても、自分で警戒しておかなければならない事実は変わらないと思いませんか?

特定警戒地域に指定されたとしても、やっぱり、自由が利く他の県への移動は避けられないのは、事実としてあると思います。

3蜜を意識した基本的事項
  • 3蜜「むんむん」「ぎゅうぎゅう」「がやがや」を避ける。
  • 3蜜空間に長くいたら、一週間、人と接触する事を慎重に。
  • 発熱・倦怠感・無味無臭・咳・息苦しさがあったらかかりつけ医に相談。
  • 目・鼻・口には触らない。触る前にはアルコール消毒を。
  • 病院は院内感染を起こさない様に必死に戦っている。ウイルスを持ち込まない様に協力を。
  • せき・くしゃみをする時は、必ずマスクやハンカチで口鼻を押さえる。
  • お店や職場、電車などではマスク着用。
  • テレワークの定着。会議はオンラインで。
  • デパート・スーパーなどで消毒用アルコールの常備。レジ前の行列の間隔をあける誘導など、感染予防対策を。
  • 飲食店の人はマスク着用を当たり前に。
  • 食事会では飛沫が食べ物に降り注ぐ。大き目のテーブルにする。大皿は最初に取り分ける。
  • 夜の街の接客は、新しい接客スタイルを。
  • 公園・ジョギングなど、アウトドアでもリスク。新しいルールを作りましょう。
  • ライブハウス・パチンコ店・ジムなどは3蜜になりやすい。新しい楽しみ方を考えよう
  • 外出後や食事の前は丁寧な手洗いを。
  • 普段からバランスのいい栄養と十分な休養、適度な運動を心がけよう。
  • この機会に禁煙を。喫煙は重症化率2.2倍、死亡率3.2倍に。 
3蜜を意識した基本的事項
基本事項・3蜜「むんむん」「ぎゅうぎゅう」「がやがや」を避ける。・3蜜空間に長くいたら、一週間、人と接触する事を慎重に。・発熱・倦怠感・無味無臭・咳・息苦しさがあったらかかりつけ医に相談。・目・鼻・口には触らない。触る前にはア...

今までの生活スタイルを、変えていかなくてはダメみたいです。

まとめ

今現在、それでも外出自粛をしている人、そうでない人、たくさんいらっしゃいます。

自分は自分、人は人で行動してきた人たちもいる中で、この解除が凶と出るのか、吉と出るのか。

感染していても、帰省したり出歩いたりして、感染させた人たちがいる中で、

第2波が来ることは、本当に不安です。

少しでも人に感染させない努力は続けていきたいと思います。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました