大阪府緊急事態宣言要請!東京都も要請か?果たして人流おさえられるのか?

気になるニュース

まん延防止等重点措置では、感染拡大を抑え込むことが出来なかった大阪府。

そもそも、まん延防止措置をどこまで詳しく知っていた人がいたのだろうか?

それは、他府県でも同じことがいえると思いますが、緊急事態宣言でさえ、街中には人がいて、

旅行する人も居たのに、まん延防止等重点措置をとったところで、

気にせず行動している人たちの行動が止まるはずもない。

初めから、ロックダウンに近い措置を取らなければ、どんなに感染に注意して行動する人がいても、

一部の気にしない人たちがいる限り、感染症を止める事は出来ないのだと、この一年でわっかったはずなのに、

どうして、ズルズル長引かせる方法をとるのだろうと不思議でしかたありません。

今回は厳しい緊急事態宣言

大阪府は、3つの案を出し要請をかけました。

期間は、3週間から1か月。

飲食店に対しては

1. すべて休業

2. 土日休業、平日は夜8時までお酒の停止

3. 休業は要請しないが、お酒の提供を停止

この3つの案からどの体制になるのか分かっていないが、どの案も飲食店にはダメージだと思います。

そして、去年の緊急事態宣言の様に、いろんな施設の制限がかかる様子。

休業要請なのか、時短営業なのか・・・・・・

生活に必要な必需品を購入できるお店以外は、休業要請になる可能性が出てきました。

小中高はオンライン授業。

仕事を持っているお母さんたちは、また大変な思いをすることになりそうです。

でも、そのぐらいの事をしないと、抑え込めなくなっているのでしょう。

医療崩壊

大阪府はもうすでに医療崩壊が始まっています。

滋賀県に看護師の要請や、重症患者の受け入れ要請など、助けをもとめました。

一般の病気の人も、手術の延期など始まり、今度いつ手術が受けられるか日程も決まっていない状況ので、

大変な思いをされている人も居らっしゃいます。

今病気になったら、見てもらえないかもしれません。

交通事故に遭ったら?緊急を要しても、たらい回しなんて事になりかねない。

色んなリスクを考えても、今、コロナを抑え込まないと、コロナじゃない人たちまで、

大変なことになってしまいます。

私たちは、まだまだ我慢をしていかなくてはいけないのでしょう。

まとめ

いつまで、こんな事が繰り返されるのでしょう。

一日も早くコロナが収束してくれますように・・・・

 

comment

タイトルとURLをコピーしました