GO TO見直し「知事の判断」我慢の3連休とはいかなかった。

気になるニュース

ぎりぎりに決まったGO TO見直し。

3連休前に医師会から「我慢の3連休」にしてくださいと報道されていたが、

急にキャンセルできなかった人たちがいるので、無理があったのでしょう。

もっと早くに見直されていたら、キャンセルできた人もいたと思います。

GO TOの見直し

国がやっと発表しましたが、地域や機関などの言及はしませんでした。

感染地域の知事が判断していくように要請されました。

感染状況からすると、感染が拡大している地域とそうでない地域の差があって、

全国的な規制をかける事が出来なかったんだと思います。

ただ、感染拡大されている地域への旅行は一時停止でも、感染拡大している地域から、感染が拡大していない地域への旅行は大丈夫と言う事でしょうか?

検査すればするほど、無症状の感染者が増えているのにです。

旅行者のPCR検査をしたりして、少しでも無症状者の移動を防ぎながら、トラベルの利用はした方がいいと思うのは私だけでしょうか?

もちろん、旅行前48時間以内の検査結果をもとにしても、確実じゃないのはわかってます。

少しでも、感染者の移動を少なくするための対策の一つとして、考えて欲しいと思います。

GO TOイートは

食事券の新規利用の一時停止やポイントの利用を控える事について、

都道府県に検討を要請。

会食時は

マスクの着用や手洗い、3蜜の回避など感染対策の徹底を改めて呼びかけ。

GO TOトラベルは

感染拡大地域を目的とする旅行の新規予約の一時停止。

時短要請

時短要請をする際の補償は国が支援。

感染拡大している各地の状況

医師会は、北海道は国の基準のレベル3。

東京都と大阪もレベル3と言っていいでしょうと言っていました。

国は、国の基準のレベル3になった時は、除外対象に考えると言っていましたが、

結局今回は、各都道府県の知事の判断に任せると言う事でした。

東京都

会食時の感染防止に「5つの小」

・少人数で食事を心がける。

・時間は小一時間。

・小声で話す。

・料理は小皿に分けて。

・こまめにマスク・換気・消毒をする。

GO TOについては

10月1日に東京都をGO TOに加える判断をしたのも国が判断したものと理解しています。しっかりと国の方で判断していただきたい、それが国の責任だと考えています。
※テレビのインタビュー引用

もしかしたら、東京都知事は、10月1日時点での東京都のGO TOはまだ早いと考えていらっしゃった可能性もありますね。

大阪

72.5%が重傷者病床の稼働率。

このままでは、第一波の時の様に、病院をたらいまわしにされる人も出てくる危険性が出てきました。

GO TOについてはいったん今は立ち止まるべきだと思っています。

もちろん、経済効果があるのはあ十分に分かっているんですが、

今はいったん立ち止まっていく方向性で進めていきたいと思っています。

※テレビのインタビュー引用

今日22日の感染者

2168人感染確認

7人の方が亡くなられました。

東京都 391人

大阪府 490人

北海道 245人

神奈川県 163人

愛知県 144人

兵庫県 139人

埼玉県 115人

今日の感染者100人以上の地域です。

空港の検疫で、12人

これから、国民個人が感染対策をして、外出も控えるようになったとしても、

この結果が出てくるのは、1週間~10日後。

この3連休の感染者が出てくるのと同じ時期になります。

感染対策をして外出するようにしましょうね。

comment

タイトルとURLをコピーしました