東京都の感染者280人越え!東京除外!GO TOキャンペーン。

東京気になるニュース

どこまで増えるか分からなくなってきたコロナウイルス。

検査体制の強化がどこまで進んでいるのか分かりませんが、劇場感染者の問い合わせにも、早くても金曜日、それもキャンセル待ちの状態・・・

この報道がされたのが水曜日。問い合わせされた方が、保健所に連絡された日はいつなのか情報はありませんが、850人との言われている濃厚接触者。

各地方方が早く検査してもらえているのかもしれません。

感染者が出てきている以上、早くこの850人の方たちの検査も実行してほしい所です。

感染者人数発表の時間の矛盾。

3月から4月にかけ、夕方以降に発表されていた感染者数。

6月は2時から3時ごろ

7月の現在。感染者数が増えていくにつれ、昼頃に発表されるようになっている。

最初の頃、50人ぐらい推移していた時に、少しずつ発表時間が早くなっていた。

この発表の時間について人数操作しているのではないのかと、疑われてもしょうがない発表のやり方ですねと報道されていました。

今日の4000件の検査は月曜日に行われたもので、検査に出されてから3日後に発表されています。

まだまだ、問い合わせが多くなっている中で、検査数が増えているのであれば、

確実にもっと多い人数になってくる事は間違いないでしょう。

自宅療養している人の人数の多さ。

こんなスピードで感染者が増えるとは思っていなかったために、無症状・軽症者のホテルを解約していた。

在宅では家族間で感染するリスクがあります。

いち早く、ホテル療養に変更しなくてはいけません。

そして、軽症者でもいつ容態が急変するか分かりません。

このスピードで、感染者が増えていき、重症患者が増えてしまえば、どうなるかは目に見えています。

一日も早く、ちゃんとした対策をとって行かなくてはいけない最中、

対策方法を模索していかなくてはいけないのに、トラベルキャンペーンなんて・・・

GO TOトラベルキャンペーン

反対意見が多いキャンペーン。

今、感染が拡大すれば全国的に経済が回らなくなる。
方法を考えるか、延期した方がいい。

観光業はひっ迫している。今キャンペーンをやらないと観光業が成り立たなくなる。
キャンペーンは、やっていいと思います。

両方の意見は分かりますが、私個人的意見としては、

延期するか、全国一斉ではなく、エリア決めるとかした方がいい。

なぜなら、東京の様に医療体制が整っていない。

もし、感染者が増え過ぎたら、そこの地域の医療は崩壊してしまうからです。

そして、整っている東京でさえ、今ひっ迫してきている。

この状況から考えて、小池都知事が言った様に

都民の方々は、不要不急の県外への外出は控えて下さい。

この言葉が、どう影響していくのかは分かりませんが、

経済回復するための方法として一斉に感染が拡大するかもしれない方法ではなく、

もう少し考えた方法を国として発表すればよかったのにと思います。

東京除外が決まりました。GO TOトラベル。

東京都に旅行・東京都民の旅行は除外されると言う事になりました。

東京都の感染者の増加を考えれば、しょうがない事なのかもしれません。

GO TOキャンペーンの4項目

・トラベル

・飲食

・イベント

・商店街

GO TOキャンペーンの内容はこの4項目。

なぜ、1番にトラベルをもってきたのか?
夏休みに合わせて日程を早めたのは一目瞭然。

果たして、家族で夏休みにリスクがある旅行をするのかと言う疑問が私には残ります。

家族で感染している人と接触するリスクのある行動をとる親なんてどこにもいない。

こんな状況の中、旅行を楽しめと言う国・・・

まだ、飲食キャンペーンや商店街キャンペーンの方が分かりやすかった。

ホントにもっと!もっと!国民に寄り添って考えられないのだろうか?

一時の利益のために、全国一斉、緊急事態宣言なんて事にならない様に祈る事しかできないなんて・・・

全く政治に興味の無かった私、今回の事で色々見えてきた内閣の対応。

全国民投票で総理大臣を推薦できたらいいのにと思います。

国民自身が考えて、自分の国を任せられる人を推薦できることが出来れば、もっと何かが変わってくれそうな気がします。

comment

タイトルとURLをコピーしました